米Razerは11月4日、7ボタン搭載ワイヤレスゲーミングマウス「Razer DeathAdder V2 X HyperSpeed」を発表、11月12日に販売を開始する。予想実売価格は7980円(税込み、以下同様)。

 低遅延を実現する独自ワイヤレス技術の“HyperSpeed Wireless Technology”と長時間駆動が可能なBluetooth接続に両対応したゲーミングマウスで、解像度1万4000DPIの光学式センサーを採用した。

 ボタンは計7ボタンを搭載、クリックボタンには耐久性と安定性を高めた“第2世代Razer メカニカルマウススイッチ”を採用している。

 バッテリーは単三形または単四形乾電池1本を使用。Bluetooth接続/リチウム単三形電池利用時で最大580時間の駆動が可能だ。

 またゲーミングチェア製品として、EPU合成レザーを採用したゲーミングチェア「Razer Enki」、耐摩耗性に優れた多層合成レザーを採用するXLサイズ設計のゲーミングチェア「Razer Iskur XL」、防滴性を有したファブリック素材を採用したゲーミングチェア「Razer Iskur Fabric」「Razer Iskur Fabric XL」も合わせて発売される。予想実売価格はRazer Enkiが5万9400円、Iskur XLが8万2280円、Iskur Fabricが6万5780円、Iskur Fabric XLが8万2280円。

 この他、配信などに向く高品位設計のダイナミックUSBマイク「Razer Seiren V2 Pro」、コンデンサーマイク「Razer Seiren V2 X」も発表した。予想実売価格はSeiren V2 Proが1万9800円、Seiren V2 Xが1万2980円だ。