ASUS JAPANの「ProArt Display PA148CTV」は、色再現性に注力することで写真家や映像編集者、グラフィックデザイナーなどクリエイター向けをアピールする14型のモバイルディスプレイだ。背面のダイヤルやタッチスクリーンを用いて接続先PCのアドビ製アプリを操作できるなど、他にないギミックを搭載するのも特徴である。実機を借用したので、試用レポートをお届けしよう。

●モバイルディスプレイでは珍しい14型モデルで色再現性に注力

 まずは基本的なスペックをざっと確認しておこう。画面サイズは14型と、現在主流の15.6型よりは一回り小さい。パネルはIPS方式で画面は非光沢、解像度はフルHD(1920×1080ピクセル)、10点マルチタッチ操作に対応している。

 視野角は水平/垂直ともに178度で、最大規模は300ニト、コントラスト比は700:1、応答速度はGTGで5msとなっている。リフレッシュレートは最大60Hzと、ゲーミング用のような高いリフレッシュレートではない。

 sRGBとRec.709を100%カバーしているのに加え、Calman認証を取得するなど、色の再現性に注力しているのが、競合製品と比べた場合の大きな特徴だ。工場出荷時にプレキャリブレーションを実施することでΔE<2の色差を実現しており、印刷物などの色味チェックにすぐ利用できるのも、モバイルディスプレイとしては珍しい。

 ボディーは背面にキックスタンドを一体化しており、折りたたむと完全にフラットになる構造だ。本体の上下角度は30度から150度まで調節可能と、他製品と比べてもかなり広い。タッチスクリーンも安定して操作できるこの構造は、後述する「Virtual Control Panel」を利用するにあたって重宝する。

 本体底面には、三脚に取り付けて使用するためのネジ穴も用意している。同社の他のモバイルディスプレイにも見られるギミックだが、背面ではなく底面にあるのは珍しい。屋外で三脚に取り付けての利用で威力を発揮するが、1台の荷重をネジ穴1つで支えるため、強度について過信は禁物だ。

 本体の重量は公称値が約0.74kg、実測では762gあった。キックスタンドを含む値なので、十分に軽量と言えるだろう。持ち歩きにあたっては、これに保護スリーブの重量が加算されるが、それを足しても1kgを超えることはない。

 接続方式はHDMI、USBType-Cの両方に対応しており、パッケージにはHDMIケーブル、USB Type-Cケーブル、USB Type-A→Type-Cケーブル、電源アダプター、さらに保護スリーブが付属している。他にも規格違反品となるUSB Type-C→USB Standard-A変換アダプターも添付されるが、誤用によるデバイスの破損を防ぐ意味からも使うべきではない。

 それでは、PCと接続して使ってみよう。

●多数のカラープリセットをワンタッチで切り替え可能

 実際にPCに接続して使ってみる。本製品は左側面に、microHDMIポート、および2基のUSB Type-Cポートを搭載しており、このいずれかでデバイスと接続する。2基のUSB Type-Cポートに機能の違いはなく、HDMI接続時の給電およびタッチ信号の伝送についても、どちらのポートも利用できる。

 OSDメニューの操作は、本体左側面に搭載された大型のジョグダイヤルで行う。ダイヤルの回転と上下/左右の押し込みを組み合わせた操作方法はかなり独特で、慣れるまではそれなりに苦労するのだが、極小のボタンを爪先で押し込むようにして操作する一般的なモバイルディスプレイのジョグダイヤルと違って、デリケートな操作を必要としないのは利点だ。

 メニューについては項目数も多く、細かなカスタマイズが可能だ。音量と画面の明るさに関してはショートカットで操作できるなど、利用頻度も考慮した設計がなされているのもよい。ProArtプリセットにより、ニーズに合わせた色域のワンタッチ切り替えが可能なのも、本製品の大きな特徴だ。

●アドビ系アプリを直接操作できる2つの機能を搭載

 本製品のユニークな特徴として、本体背面のジョグダイヤル(ASUS Dial)を使って、アドビ系のグラフィック系のアプリをリモートで操作できることが挙げられる。つまり本製品をUSB Type-C接続のコントローラーとして利用するわけだ。

 対応する具体的なアプリとしては、Photoshop、Photoshop Lightroom Classic、Premiere Pro、After Effectsなどが挙げられており、ダイヤルを回すことによって、画像の拡大縮小や、明るさの調整といったショートカットが利用できる。

 例えばPhotoshopの場合、アプリを起動した状態で本製品のジョグダイヤルの中央を押すと、ドーナツ型のメニューが表示される。メニューの項目は「システム音量」「システムの明るさ」「ブラシグループ」「レイヤーズームイン/アウト」「取り消し(ヒストリー)」「ドキュメントを繰り返す」が割り当てられており、ダイヤルを回す/押し込むことで操作が行える。

●ユニークなVirtual Control Panel機能も装備

 もう1つ、本製品の画面に各アプリごとの固有のインタフェースを表示し、タッチで操作する「Virtual Control Panel」という機能もある。本製品をディスプレイとしてではなく、タッチ対応の操作パネルとして使う機能で、こちらでは14型の画面をまるごと使ってジョグダイヤルはもちろん、オン/オフのスイッチやスライダーを扱えるため、より詳細な操作が可能だ。

 ちなみにこれらの利用にあたっては同社サイトから2つのユーティリティー(ProArt Creator Hub、ASUS Dial Control Panel Toolkit)をダウンロードし、順にインストールする必要がある。Photoshopの場合、完了するとエクステンションの中に「ASUSControlPanel」「ASUS Dial」の2つがインストールされて、利用可能になる。

 これらはアドビ系アプリと連携する機能だが、他にもMicrosoftの「Surface Dial」と連携して音量をコントロールするなど、さまざまな使い方を可能にしている。

●外出先で色再現性が高いディスプレイを必要とするユーザーに最適

 以上ざっと使ってみたが、色の再現性をはじめとした基本性能の高さはもちろんのこと、ダイヤルによる操作などの付加価値もある。

 実売価格は5万円台後半で、同社直販のASUS Storeでは5万3820円(税込み)と、同等サイズのモバイルディスプレイに比べると高価だが、それだけの価値は十分にあり、出先での印刷物の色味チェックなど、外出先で色再現性が高いディスプレイを必要とするユーザーにとっては、唯一の選択肢と言える。3年間の日本国内保証が付属するのもプラスだ。

 マイナス点としては、今回紹介したASUS DialにしてもVirtual Control Panelにしても、導入手順が非常に分かりづらいことだ。メーカーサイトにはソフトウェアのインストールの順番が書かれているだけで、その後の使い方について日本語の詳しい手引きは存在しない。今回はきちんと動作したが、うまく動かない場合、原因が分からず途方に暮れることも考えられる。

 本製品は決して安価ではないだけに、この機能を使いたいがゆえに本製品の購入を検討しているユーザーにとっては、こうした点はどうしても不安を感じさせる。設定から使い方をきちんとフォローしてくれるチュートリアルやFAQ、動画コンテンツの準備は不可欠で、それらが充実すればさらに広くおすすめできる製品になるだろう。