Bluetooth Special Interest Group(SIG)は7月12日(現地時間)、次世代のBluetooth Audio規格である「LE Audio」の仕様策定の完了を発表した。ワイヤレスオーディオの性能向上や、低消費電力性能によるBluetooth対応補聴器など新しいオーディオ周辺機器のサポートを追加し、複数人で同時に音楽を楽しめる「Auracast ブロードキャスト オーディオ」が導入される。

 Bluetooth LE Audioは2020年1月に発表されていたもので、もともとは2020年末か2021年初めには対応製品が登場する予定だったが、コロナ禍の影響などもあり計画が遅延していた。

 LE Audioの大きなトピックとしては、新しい音声コーデックであるLC3(Low Complexity Communication Codec)のサポート、マルチストリームオーディオのサポートが挙げられる。これまで各社で独自規格だったワイヤレスイヤフォンの左右独立転送が標準化された。

 新機能のAuracastは、スマートフォンやノートPCなど、Auracastに対応した機器から、近くにあるAuracast対応受信機(イヤフォンなど)にオーディオをブロードキャストできるというもの。従来のBluetoothのように、送信側でのペアリング操作などは必要なく、空港やジムなどの公共施設でミュートされたTVの音声をAuracastで配信し、対応したイヤフォンで音声を聞くといったことが可能になる。

 既に対応機器の認定は開始されており、サポートする製品は今後数カ月で市場に投入される予定としている。