ファーウェイ・ジャパン(華為技術日本)は7月26日、10.4型タブレット「HUAWEI MatePad」の新モデル(BAH4-W09)を発売する。税込みの想定販売価格は4万1800円となる。

●新モデルの概要

 MatePadの新モデルは、2021年モデル(MatePad 10.4)のスペックを見直したリファインモデルとなる。

 プロセッサ(SoC)は自社製の「Kirin 710A」で、2021年モデルの「Kirin 820」と比べるとスペックが少し低下している。メインメモリは4GBで据え置きだが、内蔵ストレージは128GBと倍増している。最大512GBのmicroSDメモリーカードの増設にも対応している。

 ディスプレイは10.4型IPS液晶で、ハードウェアベースのブルーライトカット機能に加えてフリッカーフリー(明滅抑制)機能も備えた。「HUAWEI M-Pencil(第2世代)」によるペン入力にも対応している。Bluetooth接続の純正カバーキーボード(US配列)も別売で用意している。なお、ペンとキーボードは別売だ。

 OSはAndroidをベースに自社開発した「HarmonyOS 2」となる。自社のアプリストア「HUAWEI AppGallery」からアプリを追加できるが、「Google Play」には対応しない。

 アウトカメラ(AF対応/LEDライト付き)は、センサーの画素数が約800万画素から約1300万画素に引き上げられた。インカメラは約800万画素(固定フォーカス)のまま据え置かれている。スピーカーは4基構成で、Harman/Kardon(ハーマンカードン)の監修を受けた他、独自の音響技術「HUAWEI Histen 7.0」によって没入感を高めているという。マイクは3基搭載している。

 ワイヤレス通信はWi-Fi 5(IEEE 802.11ac)とBluetooth 5.1に対応する。2021年モデルとは異なりWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)には対応しないので注意しよう。外部ポート(充電端子)はUSB 2.0 Type-Cを備えている。

 バッテリー容量は7250mAhで、付属の充電器を使うと約2.5時間で満充電にできる。ボディーサイズは約245.2(幅)×154.96(高さ)×7.35(厚さ)mmで、重量は約450gとなる。