Lenovoは9月1日(中央ヨーロッパ時間)、同社初のChrome OS搭載デスクトップPC「ThinkCentre M60q Chromebox Enterprise」と、同じく同社初の16型Chromebook「Lenovo IdeaPad 5i Chromebook」と、Androidタブレット「Lenovo Tab P11」「Lenovo Tab P11 Pro」の新モデルを発表した。

 なお、この記事で紹介する新製品の日本での展開は未定だ。

●ThinkCentre M60q Chromebox Enterprise(12月発売予定)

 ThinkCentre M60q Chromebox Enterpriseは、Lenovoが初めて投入するChrome OS搭載デスクトップPC「Chromebox」だ。外観からも分かる通り、同社のコンパクトデスクトップPC「ThinkCentre Tinyシリーズ」の新モデルとして展開される。

 Tinyシリーズらしく、ボディーの容積は約1Lで、オプションのマウントを利用すればディスプレイの裏面に設置して「オールインワン(AIO)PC」のように扱うことも可能だ。発売は12月を予定しており、ヨーロッパにおける最小構成の税込み販売価格は299ユーロ(約4万1800円)となっている。

 CPUは第12世代Coreプロセッサ(最上位構成はCore i5)を搭載する。メインメモリはDDR4-3200規格のSO-DIMMで、搭載容量はモデルによって異なる。ストレージはPCI Express接続のSSDに対応する。

 ポート類は、前面にUSB 3.2 Gen 2 Type-A端子×2とUSB 3.2 Gen 2 Type-C端子とイヤフォン/マイクコンボ端子を、背面にUSB 3.2 Gen 2 Type-A端子×4、HDMI 2.0出力端子、DisplayPort 1.4出力端子、フレキシブルI/O(※1)と有線LAN(1000BASE-T)端子を備える。前面のUSB Type-C端子とフレキシブルI/Oを活用すれば、最大4台のディスプレイに映像を同時出力することも可能だ。ワイヤレス通信はWi-Fi 6E(※2)とBluetooth 5.0を利用可能だ。

 Lenovoのセキュリティソリューションである「ThinkShield」と、Googleの「Titan Cセキュリティチップ」を組み合わせることで、より強固はセキュリティを実現しているという。

(※1)カスタマイズ(CTO)モデルの購入時、あるいは購入後のオプションパーツ購入によって追加/変更(換装)できるポート。このモデルの場合、このポートにHDMI出力端子またはDisplayPort出力端子のいずれかを1基搭載できる(※2)6GHz帯対応のIEEE 802.11ax。ただし、6GHz帯での通信は許認可を取得している国/地域でのみ可能(以下同様)

●IdeaPad 5i Chromebook(9月発売予定)

 IdeaPad 5i Chromebookは、同社のChromebookとしては最大となる16型ディスプレイを搭載する新モデルだ。9月の発売を予定しており、ヨーロッパにおける最小構成の税込み販売価格は549ユーロ(約7万6800円)となっている。

 CPUは第12世代Coreプロセッサで、モデルによってPentium Gold 8505(Pコア1基2スレッド/最大4.4GHz+Eコア4基4スレッド/最大3.3GHz)またはCore i5-1215U(Pコア2基4スレッド/最大4.4GHz+Eコア4基4スレッド/最大3.3GHz)を搭載している。メインメモリはLPDDR4x規格で、モデルによって4GBまたは8GBを備えている(増設/換装不可)。ストレージはモデルによってeMMC(容量は64GB/128GB)またはSSD(容量は256GB/512GB)を採用する。

 ディスプレイはアスペクト比16:10の16型液晶で、モデルによって以下のいずれかのスペックのパネルを搭載する。

・1920×1200ピクセル、最大輝度300ニト、最大リフレッシュレート60Hz、NTSC色域45%カバー

・2560×1600ピクセル、最大輝度350ニト、最大リフレッシュレート120Hz、sRGB色域100%カバー

 ディスプレイの上部にはフルHD(1920×1080ピクセル)撮影に対応するWebカメラを装備している。

 ポート類は全モデル共通で、USB 3.2 Gen 2 Type-C端子×2、USB 3.2 Gen 2 Type-A端子、イヤフォン/マイクコンボ端子、microSDメモリーカードスロットを備える。USB Type-C端子はUSB PD(Power Delivery)による電源入力とDisplayPort Alternate Modeによる映像出力にも対応する。ワイヤレス通信はWi-Fi 6EとBluetooth 5.0に対応する。

 本体サイズは約365.5(幅)×253(奥行き)×19.95(厚さ)mmで、最軽量構成の重量は約1.86kg。Googleの計測法に基づくバッテリー駆動時間は最大12時間となる。

●Lenovo Tab P11 Pro(2nd Gen)(9月発売予定)

 「Lenovo Tab P11 Pro(2nd Gen)」は、その名の通り「Lenovo Tab P11 Pro」の第2世代モデルだ。9月の発売を予定しており、ヨーロッパにおける最小構成の税込み販売価格は499ユーロ(約6万9800円)となっている。

 SoCはMediaTek製の「Kompanio 1300T」で、OSはAndroid 12をプリインストールする。OSについては、メーカーとしてAndroid 14までのアップグレードを保証している。

 メインメモリとストレージの組み合わせは、以下の3種類を用意している。microSDメモリーカードの増設も可能だ。

・4GB+128GB

・6GB+128GB

・8GB+256GB

 ディスプレイは11.2型の有機ELで、解像度は2560×1536ピクセル、最大輝度は600ニト、最大リフレッシュレートは120Hzという仕様となっている。DCI-P3の色域を100%カバーし、Dolby Vision/HDR10規格のHDR表示にも対応する。タッチ操作の他、「Lenovo Precision Pen 3」によるペン操作も可能だ。

 カメラはイン側が約800万画素(固定フォーカス)、アウト側が約1300万画素(AF対応)となっており、Web会議でも高画質な映像を伝送できるようになっている。スピーカーはJBLが監修したものを4基搭載しており、Dolby Atmosによるサラウンド再生にも対応している。

 外部ポートはUSB 3.0 Type-C端子を備える。充電とDisplayPort Alternate Modeによる映像出力にも対応する。ワイヤレス通信はWi-Fi 6とBluetooth 5.1に対応する。バッテリー容量は8200mAhで、最大14時間の利用が可能だ。

●Lenovo Tab P11(2nd Gen)(11月発売予定)

 「Lenovo Tab P11(2nd Gen)」 は、その名の通り「Lenovo Tab P11」の第2世代モデルで、先述のLenovo Tab P11(2nd Gen)の下位に相当する。11月の発売を予定しており、ヨーロッパにおける最小構成の税込み販売価格は299ユーロ(約4万1800円)となっている。

 SoCはMediaTek製の「Helio G99」で、OSはAndroid 12Lをプリインストールする。OSについては、メーカーとしてAndroid 14までのアップグレードを保証している。

 メインメモリとストレージの組み合わせは、以下の3種類を用意している。microSDメモリーカードの増設も可能だ。

・4GB+64GB

・4GB+128GB

・6GB+128GB

 ディスプレイは11.5型の液晶で、解像度は2000×1200ピクセル、最大輝度は400ニト、リフレッシュレートは最大120Hzという仕様となっている。別売の「Lenovo Precision Pen 2(2023)」によるペン入力にも対応する。なお、別売でキーボードやフォリオケースも用意する。

 カメラはイン側が約800万画素(固定フォーカス)、アウト側が約1300万画素(AF対応)となっており、Web会議でも高画質な映像を伝送できるようになっている。スピーカーは4基構成で、Dolby Atmosによるサラウンド再生にも対応する。

 このモデルでは「Wi-Fiモデル」とモバイル通信に対応する「LTEモデル」を用意している。両モデルはWi-Fi(無線LAN)回りの仕様が若干異なっており、Wi-FiモデルはWi-Fi 6(2.4GHz帯/5GHz帯のIEEE 802.11ax)に対応する一方で、LTEモデルはWi-Fi 5(IEEE 802.11ac)止まりとなる。Bluetoothについては、両モデル共に5.2対応だ。

 外部ポートは、USB 2.0 Type-C端子(充電兼用)とイヤフォン/マイクコンボ端子を備える。バッテリー容量は7700mAhで、最大10時間の利用が可能だ。ボディーサイズは約269.1(幅)×169.4(高さ)×7.4(厚さ)mmで、重量は約520gとなる。