前回の記事では、在宅勤務を含むテレワークと、従来型のオフィス勤務を組み合わせるハイブリッドワークを行うことを前提として、ビジネスPCを選ぶ際に心がけたいことを紹介した。

 規模や組織に関わらず、現状ではWindows PCを用いている企業は少なくないだろう。従来環境との互換性を重視する観点から「ハイブリッドワークでもWindows PCを」という選択肢を検討している情報システム担当(情シス)もいるはずだ。

 そこで今回の記事では、「Microsoft 365 Business Premium」を利用することを前提に、Windows PCでハイブリッドワークを実現する方法を詳しく紹介していく。

●Windows PCなら「Microsoft 365 Business Premium」とのセットがお勧め

 Windows PCを使ってハイブリッドワーク環境を構築する場合、Microsoftのサブスクリプションサービス「Microsoft 365 Business Premium」を活用すると利便性が高まる。1ユーザー当たりの標準ライセンス料金は税別月額2390円(※1)となる。

(※1)年額払い(税別2万8680円)をした場合の1カ月当たりの料金。月額払いの場合は、税別2870円(年額換算で3万4440円)となる

 Microsoft 365というと、Word、ExcelやPowerPointを始めとする「Microsoft Office」スイートを使うためのサブスクリプションサービスというイメージが強いが、実際は以下の通りビジネスでPCを使う上で役立つ付帯サービスも複数利用できる。

・OneDrive for Business(クラウドストレージ)

・Exchange Online(電子メールサーバ)

・Microsoft Intune(クライアント端末管理)

・Microsoft 365 Defender(セキュリティ/アンチウイルス)

・Azure Active Directory Premium P1(クラウドベースのID/アクセス管理)

 Windows PCにおけるゼロタッチキッティング(デプロイメント)と、エンドポイントセキュリティの環境構築をこれから始めるという場合は、Microsoft 365 Business Premiumを選ぶと一番手っ取り早く、かつコストを抑えてハイブリッドワークに必要な環境を構築できる。

 「でも、Microsoft 365ってもっと安いライセンスもあるよね」と、特に中小規模の企業/組織の情シスは考えるかもしれない。確かにその通りで、Officeアプリの利用とOneDrive for Businessを使うだけなら、税別月額900円(※2)の「Microsoft 365 Apps for business」もあるし、電子メールやコミュニケーション機能も使いたいなら、月額1360円(※3)の「Microsoft 365 Business Standard」という選択肢もある。

(※2)年額払い(税別1万800円)をした場合の1カ月当たりの料金。月額払いの場合は、税別1080円(年額換算で1万2960円)となる(※3)年額払い(税別1万6320円)をした場合の1カ月当たりの料金。月額払いの場合は、税別1630円(年額換算で1万9560円)となる

 しかし、ゼロタッチキッティングやエンドポイントセキュリティのソリューションを別途用意する場合、そのライセンス料金まで考慮に入れると、中小規模の規模/組織でもMicrosoft 365 Business Premiumの方が安上がりということも考えられる。

 SaaSサービスが盛り上がりを見せる昨今、業務はWebブラウザ上で十分にこなせる……と言いたい所だが、実際はWord、ExcelやPowerPointを使って日々の業務をこなすというケースは少なくないだろう。業務用のアプリがWindows上でしか動かないというケースもある。

 企業や組織の規模を問わず、Microsoft 365 Business Premiumは検討の余地があるだろう。クライアント端末の管理やセキュリティをMicrosoftにある程度“お任せ”できるというメリットも享受できる。

●クライアント端末の「管理」と「セキュリティ」をクラウド化

 先述の通り、Microsoft 365 Business Premiumにはクライアント端末を管理する「Microsoft Intune」と、エンドポイントセキュリティ「Microsoft 365 Defender」が含まれている。これらについて、もう少し詳しく紹介しよう。

Intuneを使えば端末管理を省力化できる!

 「クライアント端末を管理」すると聞くと、多くの場合はExcelで作成された管理表を手動で記載する、というやり方がまず頭に浮かぶのではないだろうか。Excelさえインストールされていれば簡単に使える上、その管理表を保存するNASやファイルサーバがあれば、複数人で管理できるし、準備は非常に簡単だ。

 しかし、データは基本的に手動で更新していくことになるため、運用に必要なコストはどうしても増大してしまう。記載ミスの発生も避けられない。クライアント端末の状況を常に最新かつ正確に把握しつつ、運用コストを抑える……ということは“夢のまた夢”である。

 そこで使いたいのが、Intuneなのである。

 Intuneでクライアント端末を管理すると、端末の名前やシリアル番号が自動的に収集される。手動でポチポチと入れる作業から解放されるだけでも、人的な負担は大きく減らせる。

 加えて、Intuneを使うとクライアント端末の状態を定期的に自動取得できる。「最新のWindows Updateがまだ適用されていない」「OSのバージョンが古いままである」といったセキュリティリスクを迅速に察知できる他、「ストレージの容量が逼迫(ひっぱく)している」といった端末の使い勝手に関わる問題も把握しやすくなる。

 退職者のPCを別の従業員に割り当てる(貸与する)ということも良くあることだと思う。しかし、管理表の入力ミスで端末が「行方不明」になるということも、案外ありがちである。

 その点、Intuneなら端末が誰に使われているのか(ログインされているのか)という情報も自動収集されるので、端末の所在をより正確に把握しやすくなる。

 加えて、Intuneなら業務用アプリケーションや端末設定のオンライン配信とリモートインストールも行える。業務用アプリや設定をアップロードして、企業や組織(あるいはユーザー)単位で必要なアプリ/設定を事前に指定しておけば、初回ログイン時にインターネット経由で適用できる。

 こうすると、インターネットさえあればどこでも業務用端末のセットアップを行える。従業員の端末に問題が発生して交換することになった場合も、代替端末を送るだけで済むようになる。

 情シスの手間が大きく減らし、従業員もダウンタイムを極小化――Intuneは、いろいろな人の負担を減らしつつ、ハイブリッドワーク化に大きく寄与してくれるのだ。

Microsoft 365 DefenderでクライアントPCを保護

 Microsoftは、300人以下の企業/組織を対象としたエンドポイントセキュリティソリューション「Microsoft Defender for Business」を提供している。このサービスを単体で使う場合、1ユーザー当たり税別330円で利用できる。

 Microsoft Defender for Businessは、中小規模の企業/組織向けながらも大企業/大組織向けソリューション並みのセキュリティ機能を備えていることが何よりのメリットである。Windows 10/11 PCで使う場合は、プリインストールされている「Windows セキュリティ」を拡張する形で機能するので、OSとの親和性の高さも魅力である。

 ハイブリッドワークでは、オフィスの外でPCを使う機会が増える。「情報を守る」という観点では、OS標準のセキュリティ機能だけでは不安な要素もある。Microsoft 365 Business Premiumを契約していると、このMicrosoft Defender for Businessを「Microsoft 365 Defender」として追加料金なしで利用できるので安心だ。

 インターネット経由でクライアント端末を簡単に管理できる上、業務で利用するOfficeスイートの利用、社内や外部とファイルを共有できるクラウドストレージやメールサーバも使えて、そしてクライアント端末の高度な保護も実現できるMicrosoft 365 Business Premiumは、非常に強力かつコストパフォーマンスの高いソリューションなのだ。

●ハイブリッドワーク時代にお勧めのWindows PCは?

 Microsoft 365 Business Premiumが、ハイブリッドワークの実現において強力なソリューションであることを紹介してきたが、ここからは実際にハイブリッドワーク時代に最適なWindows PCの選び方を考えよう。

 今までの労働集約型の働き方とは異なり、ハイブリッドワークは従業員が場所を選ばずに業務を行うことを前提とする。そのため、業務用PCの選び方にも従来とは違う視点が必要だ。

 とりわけ、業務を円滑に行う観点から、ビデオ(Web)会議を快適に行えるかどうかの検討は欠かせない。もう少し具体的に、考慮すべき要件を検討してみよう。

求められるスペックは確実に高まっている

 ビデオ会議アプリは思っている以上に処理の負荷が高い。画面共有をしながら会議に参加する場合はなおさらである。

 例えば「Microsoft Teams」の動作要件を見てみると、ビデオや画面共有の解像度やフレームレートを上げる場合は4コア以上のCPUを推奨している。

 従来の慣習を引きずって「事務用途なら2コア以上のCPUがあればいい」と考えてPCを選ぶと、従業員に苦痛を与えることになってしまう。最近は多コアCPUを備えるPCも手頃な価格帯になってきたので、4コアCPUは“必要最小限”という意識で選ぶべきである。

 加えて、WebブラウザやOfficeスイートなど、業務で利用するアプリも高機能化に伴い必要なメモリ容量が増えている。複数のアプリを同時並行して動かすことを考えると、メインメモリの容量は少なくとも8GB、できれば16GB以上とすべきだ。

 最近では、事務作業でも8GBのメインメモリだと動作が重くなってしまうこともある。「一般事務作業なら8GB(4GB)で十分だ」という“ひと昔前”の意識でいると、PC選びが従業員の作業効率の低下を招いてしまう可能性もある。8GBは“最小限”で16GBが“普通”だと意識を改めるべきだ

 悩ましいのはストレージの容量だ。システム構成にもよるが、シンクライアントでない普通のPCを業務に使う場合、「ストレージ不足の警告が出てきて困ってます!」という情シスへのトラブルシューティング依頼は“日常茶飯事”だったりする。

 ストレージ不足に対してUSBストレージの利用を無制限に認めてしまうと、情シスが保存先を把握できないデータ(あるいはストレージ)が無尽蔵に増えてしまう。これはセキュリティ上よろしくないことである。

 そのため、従業員が業務遂行に支障を来さない容量のストレージを搭載しておくことも非常に重要である。必要な容量は従業員の業務によって千差万別なので、当該従業員(あるいは所属部署)と十分に相談して決定することが重要である。

 とはいえ、ストレージの容量もPCの価格を左右する。調達コストを抑えたい場合は「業務上必要なデータはNASやファイルサーバに集約させて、端末のストレージ容量を減らす」という選択肢も考えられる。ただ、それでもOSの更新や一時データの保存を考慮して少なくとも256GB、できれば512GB以上の容量を搭載するようにしたい。

忘れちゃいけないけど忘れられがちな「重さ」

 繰り返しだが、ハイブリッドワークは働く場所を選ばない。つまりハイブリッドワークを前提にノートPCを選ぶなら常に持ち運ぶという前提に立つべきである。そこで気にしたいのが「重さ」だ。

 当たり前だが、ノートPCはコンパクトかつ軽量であるほど持ち運びやすい。最近は、軽量PCもMIL規格(MIL-STD-810シリーズ)の耐衝撃/耐環境性能を確保した機種が増えているので、「軽かろう弱かろう」とも言いきれない。軽量でも丈夫なノートPCの選択肢は充実している。

 ただ、軽量なノートPCは価格が高くなりがちだ。情シス的には「そんなに予算を捻出できないよ!」と頭を抱えそうである。可搬性と価格のバランスを考えると、12〜14型の画面で1.3kg前後の重量を目安にすると選びやすい。

 今回はMicrosoft 365 Business Premiumを組み合わせることを前提に、ハイブリッドワークに最適なWindows PCの選び方を解説した。シェアが高いこともあり、Windowsは慣れている従業員は多いと思われ、比較的すんなりと受け入れられる選択肢となるはずだ。

 この環境は、情シスも業務で蓄積してきたノウハウを生かしつつ、管理や運用は非常に楽になる……のだが、強いていうとIntuneやAzure Active Directoryについての学習を求められるので、初期導入時の学習コストがかさみがちという課題もある。快適に使えるノートPCを調達しようとすると結局コストがかさんでしまうという可能性も否定できない。

 「もっと気軽かつ省コストで運用できるものはないのか?」という情シスにお勧めしたいのが、「Chromebook」「Chromebox」と「Chrome Enterprise」の組み合わせである。次回詳しく紹介する。