ファーウェイ・ジャパン(華為技術日本)は9月15日、16型ノートPC「HUAWEI MateBook D 16」を発売した。税込みの想定販売価格は、8GBメモリモデルが17万2800円、16GBメモリモデルが19万2800円となる。

 また同社は同日、PC用アクセサリーとして「HUAWEI Stylish Backpack」「HUAWEI Wireless Mouse(第2世代)」も発売する。税込みの想定販売価格はtylish Backpackが9800円、Wireless Mouseが4800円だ。

【修正:16時15分】初出時、HUAWEI Wireless Mouse(第2世代)のカラーラインアップに誤りがありました。おわびして訂正いたします

●HUAWEI MateBook D 16の概要

 HUAWEI MateBook D 16は、ファーウェイのメインストリームノートPC「HUAWEI MateBook Dシリーズ」に新規投入される16型モデルだ。ディスプレイを狭額縁構造とすることで15.6型モデル並みのフットプリント(設置面積)を実現している。

 CPUはIntelの第12世代Coreプロセッサ(開発コード名:Alder Lake)のラインアップの1つ「Core i5-12450H」(Pコア4基8スレッド/最大4.4GHz+Eコア4基4スレッド/最大3.3GHz)を搭載している。メインメモリの容量は8GBまたは16GBを選択できる。ストレージは512GBのSSD(PCI Express接続)を備える。OSはWindows 11 Homeをプリインストールしている。

 ディスプレイは16型液晶で、最大解像度は1920×1200ピクセル(アスペクト比16:10)となる。sRGBの色域を100%カバーしており、ドイツのテュフ ラインランドから認証を取得したブルーライト抑制機能(ハードウェアベース)とフリッカーフリー機能を備えている。

 WebカメラはフルHD(1920×1080ピクセル)撮影に対応する。物理的なカメラシャッターは備えないが、物理的に電源をオン/オフできるスイッチボタンは用意しており、カメラを使わない時は電源を切ることでプライバシーを保護できるという。機械学習ベースのAI(人工知能)を活用した視線調整機能、フレーミング機能やバーチャル背景機能も利用可能だ。

 外部ポート類は、左側面にUSB 2.0 Type-C端子、USB 3.0 Type-C端子、HDMI 2.0出力端子とイヤフォン/マイクコンボ端子を、右側面にUSB 3.0 Type-A端子とUSB 2.0 Type-A端子を備えている。2つあるUSB Type-C端子は共にUSB PD(USB Power Delivery)による電源入力に対応する。USB 3.0 Type-C端子はDisplayPort Alternate Modeによる映像出力も可能だ。

 ワイヤレス通信はWi-Fi 6(IEEE 802.11ax規格の無線LAN)とBluetooth 5.1に対応している。アンテナはファーウェイの独自開発で、従来モデル(HUAWEI MateBook D 15の2021年モデルと比べて信号変換効率や弱電界環境での実効通信速度を1.5倍程度引き上げているという。

 キーボードは日本語配列で、右側にテンキーを備えている。電源ボタンは指紋センサーを統合しており、Windows Helloの生体認証も利用できる。

 バッテリー容量は60Whで、65W出力の小型ACアダプターが付属する。ボディーサイズは約356.7(幅)×248.7(奥行き)×18.4(厚さ)mmで、重量は約1.7kgとなる。

●アクセサリーの概要

 HUAWEI Stylish Backpackは、ポリウレタン素材で作られたバックパックだ。重量は約920gで、カラーはインクブルー、ホワイト、ミッドナイトブラックから選べる。

 メイン収納スペースには最大16型サイズのノートPCを格納できるようになっており、開口部をロールトップ式とすることで荷物(ノートPCなど)のサイズや量に応じた調整をしやすくした他、出し入れのしやすさとぬれにくさも確保したという。アクセサリー類を収納するためのサイドポケットや内ポケットも備えている。

 HUAWEI Wireless Mouse(第2世代)は、その名の通りHUAWEI Wireless Mouseの新モデルで、表面にマイクロフリース塗装を施すことで手に持った際のグリップ感を高めている。カラーはインクブルー、スペースグレーとホワイトから選べる。

 接続は2.4GHz帯のUSB無線ドングル経由、またはBluetooth 5.1経由から選択できる。Bluetooth接続の場合は最大3台のデバイスとマルチペアリングできる他、Windows 10/11のクイックペアリング(Swift Pair)にも対応する。

 解像度(DPI)は「800」「1200」「2000」「3000」の4段階を選べるようになっており、ホイール下部にあるボタンで切り替えられる。ただし、Windows PCで使う場合は、ホストPCの設定をもとに最適な解像度を自動的に選択するようになっている(後から切り替え可能)。

 電源は単三形乾電池1本で、製品に試供品が1本付属する。