うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。世界中には、結構面白い話題があるものです。この記事で一気にチェックしましょう!

●Intel、2022年第3四半期の決算を報告

 Intelは10月27日(現地時間)、2022年第3四半期の決算を報告した。第3四半期の売上高は153億3800万ドルで前年同期比20.1ポイントの減少、営業利益は−1億7500万ドルで同28.4ポイントの減少、純利益は10億1900万ドルで同85.1%減となっている。

 主要事業部門別での売上高は、データセンターやAI関連部門であるDatacenter and AI Groupが42億ドルで同27ポイント減少、PC関連のClient Computing Groupが81億ドルで同17ポイント減少と振るわなかった。反対に、自動運転部門のMobileyeが4億5000万ドル(同38ポイント増)と好調だ。

 Intelは2023年中に30億ドルのコスト削減を実施し、2025年末までには80億ドル〜100億ドルのコスト削減と効率化を実現するとしている。第3四半期の業績には、これに向けた初期費用として6億6400万ドルが含まれている。

●CSAが「Matter」のローンチイベントを開催 12月にEcho端末で対応

 CSA(Connectivity Standards Alliance/旧称 Zigbee Alliance)は11月3日(現地時間)、10月にリリースしたスマートホームのための通信規格「Matter 1.0」のローンチイベントをアムステルダムで実施した。

 この中でAmazonは、12月にEchoデバイスなど17デバイス(Echo、プラグ、スイッチ、照明)がMatterに対応すると発表した。Matterは、Wi-FiやGoogleが主導する無線規格「Thread」にも対応するが、AmazonによるとまずはWi-Fi(Matter over Wi-Fi)からサポートするとのことだ。また、当面はAndroid端末からの操作に限られる。iOSやThread、その他のEchoデバイスなどについては、2023年初めに対応が予定されている。

 Amazonはこの発表に合わせて、「Works with Alexa(WWA)for Matter デバイス認定」を導入する。WWAは製品がAlexaで動作することを認定するもので、消費者はWWAが記された製品ならばAlexaで問題なく動作すると確かめられる。

 WWA for MatterはこれをMatter認定まで広げるものだが、特別なことはなく、WWA認定とCSAが実施するMatter認定の両方を受けるというものだ。既にWWA認定を受けており、アップデートによりMatterに対応する場合、再度WWA認定を受ける必要はないという。

●「Steam on ChromeOS」がβ版に移行

 Googleは11月3日(現地時間)、「Steam on ChromeOS」をβ版に移行したと発表した。ChromeOS 108のBetaチャネルで利用できる。

 Steam on ChromeOSは、3月にα版として公開されていたもので、PC向けゲームプラットフォームであるSteamのゲームをChromeOS上で動作させるというものだ。α版では、動作には第11世代のCore i5またはCore i7プロセッサが必要だったが、β版では新たに第12世代Coreに加え、AMD Ryzen 5000 Cシリーズをサポートした。最小要件はCore i3/Ryzen 3に引き下げられ、サポートデバイスも20機種に増加している。

 また、DirectX 12とVulkan 1.3などの主要なグラフィックスライブラリのサポートが追加され、VulkanおよびDirectXを利用するタイトでは、CPUオーバーヘッドを削減することで、バッテリー寿命を延ばせるとのことだ。

 さらに、ストレージ管理方法の変更や、全画面でプレイ中にノートPCのバッテリー残量が確認できるよう通知を追加するなどの改善が行われている。

●OBS Studio 28.1でGeForce RTX 40シリーズのAV1エンコード対応

 OBS Projectは11月1日(現地時間)、ライブ配信ソフト「OBS Studio」の最新バージョン「28.1」をリリースした。本バージョンでは、NVENC AV1エンコードをサポートした他、NVENCプリセットの更新、仮想カメラへの特定ソースの出力、いくつかのバグ修正などが行われている。

 「NVENC」は、NVIDIAのGPUに搭載されているハードウェアエンコーダーで、負荷のかかるエンコード処理を専用のエンコーダーで行うことにより、システムに負荷をかけず高速に処理を行える。OBS Studio 28.1.1では、このNVENCを利用したAV1のハードウェアエンコードをサポートした。ただし、利用できるのは最新のGeForce RTX 40シリーズに限られる。

 また、OBSデフォルトのNV12とP010カラーフォーマットのみ利用でき、詳細出力モードの「再スケール」機能もサポートされていない。

 この他、NVENCプリセットがアップデートされ、プリセット、チューニング、マルチパスモードの3種類に分割された。また、Windows 11 22H2でDirect3D 9のゲームが正しくキャプチャされない不具合などが修正されている。

●「PlayStation VR2」は2023年2月22日発売 価格は7万4980円

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は11月2日、PlayStation 5向けVRシステム「PlayStation VR2」の発売日が2023年2月22日に決定したと発表。価格は7万4980円(税込み、以下同様)で、PS VR2専用ソフトウェア「Horizon Call of the Mountain」とのセットは7万9980円だ。先行予約は11月21日から実施される。

 PS VR2は、片目当たり2000×2040ピクセルの有機ELを搭載したVRヘッドセットだ。リフレッシュレートは最大120Hzで、視野角は約110度、レンズ間距離の調整にも対応している。モーションセンサーは6軸(3軸ジャイロ、3軸加速度)で、装着を検知するIR近接センサーも備えている。

 ヘッドセットには4つのトラッキングカメラを内蔵しており、外部カメラ不要でプレイヤーやコントローラーをトラッキングできる「インサイドアウト」方式に対応する。

 同時にPS VR2の対応タイトルも発表された。PS VR2発売時には20タイトル以上の発売が予定されており、ソフトウェア単体での予約も11月から順次開始するとのことだ。

●JR東日本、「JR東日本トレインシミュレータ」を11月15日に本格配信

 JR東日本は11月1日、運転士が実際に使用する訓練用シミュレータを基にしたPCゲーム「JR東日本トレインシミュレータ」の本格配信をPCゲームプラットフォーム「Steam」で11月15日に開始すると発表した。

 JR東日本トレインシミュレータは、基本パックとして東海道線(下り/東京〜品川)、中央線快速電車(上り/高尾〜八王子)、大糸線(下り/松本〜梓橋)の3路線を配信する。価格は2980円だ。また、DLCコンテンツとして東海道線(下り/東京〜熱海)、中央線快速電車(上り/高尾〜東京)、大糸線(下り/松本〜南小谷)を別途販売(2980円〜3980円)する。

 なお本作品は現在、Steam上で早期アクセスとして980円で配信されており、早期アクセス購入者は本格配信開始後に基本パックに無料でアップデートできる。ただし、早期アクセス版の路線はプレイできなくなるので気をつけよう。