うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。世界中には、結構面白い話題があるものです。この記事で一気にチェックしましょう!

●Windows 11/10向けの11月の更新プログラム提供開始

 Microsoftは11月8日(現地時間)、Windows 11およびWindows 10向けに「B」リリースと呼ばれる月例セキュリティ更新プログラムの配信を開始した。

 Windows 11 22H2向けは「KB5019980」、Windows 11 21H2は「KB5019961」、Windows 10 20H2/21H1/21H2は「KB5019959」、Windows 10 1809は「KB5019966」となる。

 本更新プログラムでは、CVE番号ベースで65件の脆弱(ぜいじゃく)性に対応する。そのうち、以下の10件は深刻度が「Critical(緊急)」となっている。

・CVE-2022-41044:Windows Point-to-Point トンネリング プロトコルのリモートでコードが実行される脆弱性

・CVE-2022-41118:Windowsスクリプト言語のリモートでコードが実行される脆弱性

・CVE-2022-38015:Windows Hyper-Vのサービス拒否の脆弱性

・CVE-2022-37966:Windows Kerberos RC4-HMACの特権の昇格の脆弱性

・CVE-2022-41088:Windows Point-to-Point トンネリング プロトコルのリモートでコードが実行される脆弱性

・CVE-2022-41039:Windows Point-to-Point トンネリング プロトコルのリモートでコードが実行される脆弱性

・CVE-2022-41128:Windows スクリプト言語のリモートでコードが実行される脆弱性

・CVE-2022-37967:Windows Kerberosの特権の昇格の脆弱性

・CVE-2022-39327:GitHubが採番した「Azure CLI」の脆弱性

・CVE-2022-41080:Microsoft Exchange Server の特権の昇格の脆弱性

 また、Windows 11向けでは、10月末にリリースされた「KB5018483」(21H2向け)と「KB5018496」(22H2向け)の機能改善を含む他、22H2向けではエクスプローラーでフォルダーのローカライズに失敗する問題に対応している。

●「Windows 10 21H1」、12月13日でサポート終了

 Microsoftは11月8日(現地時間)、Windows 10 バージョン21H1のサポートを2022年12月13日に終了すると改めて告知した。12月13日にリリースされる月例セキュリティ更新プログラムが、このバージョンが受け取る最後の更新プログラムになるとしている。

 サポート終了に伴い、デバイス保護と生産性維持の観点から、Windows 10 21H1のHomeおよびドメインに参加していないProエディションでは、機能更新プログラムの自動アップデートを開始するとのことだ。

 これにより、月例アップデートを受けられるようになるとしているので、Windows 10 22H2へのアップデートが行われるようだ。なお、Windows 11 22H2にもアップグレードできるとしている。

●ノートンやAvastなどの著名アンチウイルスソフトが「Gen」に統合

 NortonLifeLockは11月7日(現地時間)、Avastとの合併完了に伴い、新会社Gen Digitalの発足を発表した。これにより、GenはNorton、Avast、LifeLock、Avira、AVG、CCleaner、ReputationDefenderなどの著名なサイバーセイフティーブランドをGenブランドに統合する。

 Genの前身となるNortonLifeLockは、元をたどると1982年に設立されたSymantecになる。Symantecは1990年にセキュリティソフトのNortonを、2016年には米国の個人情報盗難対策サービスLifeLockを買収した。このSymantecの法人向け事業とSymantecブランドを2019年にブロードコムが買収し、残った民生向け事業がNortonLifeLockとなった。

 NortonLifeLockは2020年にドイツのアンチウイルスソフトAviraを買収し、2021年にチェコのAvast買収を発表していた。なお、英国のCCleaner、オランダのAVGが含まれているのは、どちらもAvastに買収されているためだ。

●「Microsoft Teams」の2022年10月アップデートまとめ

 Microsoftは、デスクトップ/Web版「Microsoft Teams」の10月度アップデート内容のまとめをサポートページにて公開した。

 アップデートの内容は下記の通りだ。

・Together モードでの座席指定:参加者が講堂に集まっている様子を演出するTogetherモードで、会議の主催者が参加者の座席を指定できるようになる

・Teams PremiumでAIリアルタイム翻訳:TeamsのPremiumライセンスユーザーは、40の音声言語をリアルタイムに翻訳し、母国語で字幕として表示可能になる。会議の開催者がPremiumラインセンスを所有している場合には、全ての参加者がライブ翻訳を利用できる

・詳細な通話履歴の表示:Teams上で行われた通話に関して、履歴を選択すると録音と翻訳を含む通話の要約がアプリ右側に表示される

・連絡先グループの作成:アプリ左側にある「通話」から、連絡先グループの作成が可能になる

・Teams および SharePoint 用の Microsoft 365 テンプレート:Teamsで新しいチームを作成すると、SharePointのチーム用サイトが自動生成されるようになった

・返信のサジェスト機能がグループチャットで利用可能に:メッセージに基づき、返信内容を提案するサジェスト機能がグループチャットで利用可能になった

・チャットでビデオクリップを送信可能に:チャットで短い動画を録画し、送信可能に。動画は送信前に編集も行える

・チャネル内のファイルを削除または名前変更:チャネルの「ファイル」タブから、ファイル名を変更または削除が可能に。変更内容はチームのSharePointサイトにも反映される

・カレンダーから新しいウィンドウを開けるように:新しい会議を追加する場合でも、既存の会議を見る場合でも、カレンダーから新しいウィンドウを作成可能になった。カレンダーの表示を残したまま、Teamsを移動できる

●Microsoftが「PowerToys v0.64」を配信開始

 Microsoftは11月3日(現地時間)、Windows向けユーティリティツール「PowerToys」の最新版となる「0.64.0」をリリースした。11月9日には、不具合を修正したマイナーアップデート版である「0.64.1」がリリースされている。

 v0.64では、何かのプロセスがファイルを使用中で削除できないという場合に、そのファイルを使用しているプロセスを確認できる「File Locksmith」と、WindowsのHostsファイルを編集できる「Hosts File Editor」、PowerToysの設定をバックアップし、必要な場合に復元できる「バックアップ&復元」機能が追加されている。

 なお、v0.49で追加された、キーボードショートカットでマイクやカメラのオン/オフが可能な「ビデオ会議のミュート」(VCM)機能が、レガシーモードに移行することが発表されている。機能自体が削除されるわけではないが、積極的な開発は行われず、バグやセキュリティ、アクセサビリティーの問題にのみ対応する。

 当初、機能の削除が検討されていたものの、コミュニティーから残して欲しいとの要望が多く寄せられたため、レガシーモードで残すことになったようだ。

●LG Displayが伸縮する高解像度ディスプレイを発表

 韓国LG Displayは11月8日(現地時間)、世界初だとする伸縮可能な「高解像度伸縮ディスプレイ(High-Resolution Stretchable Display)」を発表した。

 披露されたのは12型で100ppiのフルカラーRGBディスプレイだが、コンタクトレンズに使われる特殊なシリコン素材を用いており、20%の伸縮性を備え14型サイズまで引き延ばすことができるという。

 光源にはマイクロLEDを使用しており、繰り返しの形状変化にも対応可能だという。伸縮性と柔軟性、耐久性を備えており、既存の折りたたみディスプレイ技術をしのぐ最先端のソリューションとのこと。皮膚や衣類、家具、自動車、航空機などの曲面に簡単に取り付けられるので、ファッション、ウェアラブル、モビリティー、ゲームなど、さまざまな業界でディスプレイの可能性を広げるとしている。

 なお、この伸縮ディスプレイは、韓国の産業通商資源部(MOTIE)と協力して進められたプロジェクトの成果とのことだ。