うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。世界中には、結構面白い話題があるものです。この記事で一気にチェックしましょう!

●Intelが「Wi-Fi 6E」を有効化する無線LANドライバーの提供を開始

 Intelは11月15日(米国太平洋時間)、同社の無線LANアダプター用のデバイスドライバーの最新版「バージョン22.180.0」の提供を開始した。リリースノートには明記されていないものの、このバージョンでは、6GHz帯のIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6E)に対応するモジュール(Intel Wi-Fi 6E AX210、Intel Wi-Fi 6E AX211など)において、日本国内で6GHz帯の通信を有効化する修正が加えられているようである。

 別の記事でも言及している通り、日本国内でWi-Fi 6Eを利用する場合、現状では6GHz帯の通信について、改めて認証(※1)を取得した上で、その認証番号を適切な方法で表示する必要がある。認証を取得した機器でも、認証番号を適切に表示できない場合は、通信を行うと法令違反となるため、Wi-Fi 6E対応のモジュールにおいて本アップデートを適用する際は、メーカーからの正式告知をもって適用することをお勧めする。

(※1)「技術基準適合証明」「工事設計認証」「技術基準適合自己確認」のいずれか

●「Windows 11 2022 Update(バージョン22H2)」に新たな不具合

 Microsoftは11月18日と22日(共に米国太平洋時間)、「Windows 11 2022 Update(バージョン22H2)」における既知の問題(Known issues)の情報を相次いで更新した。その概要は以下の通りだ。

キーボードでIMEをオン/オフすると、特定のアプリが応答しなくなる

 1つ目の不具合は、キーボードショートカットを使ってIMEのオン/オフを行うと、特定のアプリケーションが起動しなくなることがあるというものだ。

 本不具合は、日本語/中国語/韓国語のIMEを使っていて、かつ「Text Services Framework(TSF)」に含まれる特定コンポーネントを呼び出すアプリで発生することが確認されている。日本語IMEなら「半角/全角(漢字)キー」、あるいは「Alt+~(チルダ)キー」でのIMEのオン/オフで発生する可能性があり、マウスクリックでオン/オフした場合は発生しないという。

 また、エラーが発生した場合にエラーメッセージが表示されない可能性もあるとのことだ。Microsoftでは、この不具合について修正プログラムの準備を進めている。

「リモートデスクトップ接続」アプリが正常に動作しない

 2つ目の不具合は、「リモート デスクトップ接続」アプリにおいて「Remote Desktop Gateway(RDG)」または「Remote Desktop Connection Broker(RDCB)」を使って接続しようとするとリモートセッションが強制的に切断されたり、同アプリが応答しなくなったりすることがあるというものだ。

 この不具合は、クライアント端末が「仮想マシンの読み込み中」または「リモート接続の構成中」という状況で発生することが確認されている。接続先の端末のOSやバージョン(ビルド)は関係ない。不具合発生時にセッションの切断メッセージが出ることもあるが、アプリが応答しなくなった場合はタスクマネージャーから強制終了する必要がある。

 暫定的な解決方法として、Microsoftではグループポリシーの編集を勧めている。ただし、このポリシー編集はモバイル通信(WAN)経由で接続した場合のパフォーマンス低下という副作用があるため、恒久的な解決に向けて修正プログラムの準備も進めている。

 なお、不具合が確認されたRDGまたはRDCBを使った接続は、標準の接続方法ではない。そのため、少なくとも一般的なユーザーがこの不具合に遭遇する確率は低い。

●「Google Chrome」にゼロデイ脆弱性 直ちに更新を

 Googleは11月24日(米国太平洋時間)、Webブラウザ「Google Chrome」のデスクトップ版のStable(安定)ビルドを更新した。最新ビルドは「バージョン107.0.5304.121」で、Windows向けは「バージョン107.0.5304.122」となる場合がある。

 新バージョンでは、「CVE-2022-4135」で報告されたGPU のヒープバッファオーバーフローをに関する脆弱(ぜいじゃく)性への対処が行われた。この脆弱性は、CVEにおける深刻度が「High(高)」に指定されており、これを突いた不正プログラムの存在も確認されている。早急にアップデートするようにしたい。

●「OBS Studio」がAV1エンコード対応を拡大(最新β版で)

 OBS Projectは11月23日(米国太平洋時間)、ライブ配信アプリ「OBS Studio」の最新βバージョン「OBS Studio 29.0 Beta 1」をリリースした。

 OBS Studio 29.0 Beta 1の主な新機能や機能修正は以下の通りとなる。

・ハードウェアベースのAV1エンコードのサポート拡大(Windows版)

・AMDのRDNA 3アーキテクチャGPU(Radeon RX 7000シリーズ)と、「Intel Arc Graphics」でも利用可能に

・NVIDIAの「GeForcr RTX 40シリーズ」では、バージョン28.1で対応済み

Intel GPUにおけるHEVC(H.265)のハードウェアエンコードをサポート(Windows版)

HEVC/ProResのハードウェアエンコードに対応(macOS版)

・P010やHDRにも対応

NVENCを使った出力時のプリセットを変更

一部アプリにおいて仮想カメラが動作しない問題の修正

●「ATOK」の変換結果を改善するパートナー制度が始まる

 ジャストシステムは11月24日、日本語入力システム「ATOK Passport」の入力/変換精度の向上を目的とする「ATOK変換改善パートナー制度」を開始した。

 ATOK変換改善パートナーは、ATOKの開発チームと一緒に品質改善に取り組むパートナー(開発協力者)という位置付けで、特に審査や登録が必要なわけではなく、ATOK Passportの契約者であれば、誰でも参加可能だ。

 最初の取り組みとして現在、ATOKを使用していて気が付いた“誤変換”を専用フォームから報告するプログラムが実施されている。このプログラムでは、専用フォームから「入力した読み」「誤変換結果」「期待した変換」の3点を入力して報告すれば良い。Webサイトでは、報告例も既に掲載されている。

 こうして集まった誤変換報告をATOK開発チームが分析し、抽出した日本語の特徴をATOKに反映させていくという。