11月30日、Amazonの電子書籍リーダーの最新モデル「Kindle Scribe(キンドル スクライブ)」が発売された。Amazon.co.jpにおける税込み販売価格は、エントリーモデルの「16GBストレージ/スタンダードペン」で4万7980円、最上位モデルの「64GBストレージ/プレミアムペン」で5万9980円となる。

 ペン入力に対応したE Ink(電子ペーパー)タブレットといえば、ONYX Internatinalの「BOOX(ブックス)シリーズ」や富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の「QUADERNO(クアデルノ)シリーズ」があり、6月にはファーウェイからも「HUAWEI MatePad Paper」が発売されている。“E Ink×手書き(手描き)”という組み合わせのデバイスには、一定のニーズがあるのだろう。

 Kindle Scribeは、Kindleシリーズとしては初めてペン入力に対応したモデルで、E Ink×手書き(手描き)デバイスとしては後発ともいえる。発売されたばかりではあるが、その特徴をチェックしていこう。

【訂正:12月1日17時】初出時、書籍の横向き表示や見開き表示に対応していない旨を記載していましたが、実際はコンテンツによっては手動設定で横向き表示や見開き表示ができることが判明しました。おわびすると共に、本文の更新を行っています

●Kindle史上最大のディスプレイを採用

 Kindle ScribeのE Inkディスプレイは10.2型で、Kindleシリーズとしては最大となる。解像度は300ppi(pixel per inch)と第12世代Kindleと同一だが、画面が大きいためフロントライトの数も35個で最も多い。

 縦向きで持った際に、ディスプレイの片側のベゼルが広いのは「Kindle Oasis」と同様だが、Oasisには存在する物理ボタンは備えていない。本体にある物理ボタンは電源ボタンのみである。

 この広いベゼルは、手に取った際に持ちやすいように考えた結果だと思われる。画面は上下方向の自動回転に対応しているため、左右どちらの手でもしっくりと来る。

●質感の高いアルミニウムボディー

 Kindleシリーズというと「プラスチックボディーで軽い」というイメージを持っている人もいるかもしれない。しかし、事実上のシリーズ最上位モデルであるKindle Scribeにはこの“常識”は当てはまらない。

 Kindle Scribeのボディーはアルミニウム製で、手に持った際の質感が非常に高くなっている。その代わり、重量は約439gと、電子書籍端末としては“重量級”である。手に持ったの重みもしっかりと感じられる。

 そしてアルミボディーゆえか、背面には滑り止めを兼ねたゴム足が配置されている。これにより、無策な金属ボディーではありがちな「机の上に置いたら、滑って床に落ちてしまった」という事故を防いでいる。

 なお、Kindle Scribeは防水/耐水性能を特にうたっていない。Kindle Paperwhite/OasisはIPX8等級の防水性能を備えていたので風呂やプールサイドでも利用できたが(※1)、Scribeは水場での利用は避けた方が良さそうである。

(※1)無故障で利用できることを保証したものではありません。Kindle Paperwhite/Oasisの防水性能に関する詳細はAmazonの説明を参照してください

●大画面ゆえに見やすさ向上

 純粋な電子書籍リーダーとしてのKindle Scribeは、「画面を大きくしたKindle」という感じで、従来のKindleからの特筆すべき変更点や進化ポイントはない。

 ホーム画面の表示やスクロールの遅さは、率直にいうと“相変わらず”である。しかし、電子書籍を読み始めてしまえば、快適に操作できる。画面サイズが大きくなったので、老眼持ちの人でも文字主体の書籍(小説など)が読みやすいという点はメリットといえるだろう。

 一方で、これだけ画面が大きくなると「横向きにして、マンガを見開きで読みたいなぁ」と思う人もいるだろう。もしも横向き(あるいは見開き)で書籍を見たい場合は、「レイアウト」の設定で横長画面を指定すると対応コンテンツの場合は横向き(見開き)で閲覧できる。

●Kindle Scribeの“強み”はペンにあり

 Kindle Scribeの一番の特徴は、専用ペンによる手書き(手描き)に対応している点だ。ペンは「スタンダートペン」と「プレミアムペン」の2種類があり、本体には以下の通り付属する。

・16GBモデル:スタンダードペンとプレミアムペンを選択可能

・32GB/64GBモデル:プレミアムペンのみ選択可能(スタンダードペンは選択不可)

 Amazon.co.jpではペンの単体購入も可能で、スタンダードペンは4980円、プレミアムペンは5980円(いずれも税込み)で販売されている。

 2種類のペンの違いだが、手書き(手描き)の性能に差はない。言い換えると、単純にペン入力するだけなら、両者に変わりはない。

 「じゃあ何が違うの?」という所だが、プレミアムペンには「消しゴム(消去)機能」と、ペンとマーカーの切り替えに使える「ショートカットボタン」が付いている。これらの機能を多用する場合、スタンダードペンよりも手数を減らせるので便利である。

 ただし、消しゴム機能はシャープペンやボールペンでいう「ノックボタン」に相当する部分に付いているため、使うたびにペンを持ち替えなければならない。直感的だが便利とも言いきれない状況だ。

 側面にあるショートカットボタンには、消しゴム機能を割り当てることもできる。ペンとマーカーの切り替えよりも、消しゴム機能を使う頻度が多い場合は、設定を変更すると利便性が大きく向上する。

 ペンの価格差は、本体付属(16GBのみ)の場合で4000円、単品購入する場合は5000円となる。この価格差をどう捉えるかは人次第だろうが、手書き(手描き)を多用するなら、間違いなくプレミアムペンを選んだ方が全体的に快適だ。

●ペンの使い方は?

 肝心のペンの使い方だが、大きく2つある。1つは電子書籍への書き込み、もう1つはノートへの書き込みだ。

電子書籍への書き込み

 電子書籍への書き込みについては、書籍の余白に書き込みをする……のではなく、書籍の各ページに付箋(ふせん)を貼り付けて、そこにメモを書き込むというイメージだ。文章に傍線を引くといった使い方はできない。

 書籍に付箋メモを付けたい場合は、その箇所をペンでタッチすると付箋が現れ、そこにメモなどを書き込める。付箋にメモを書き込むと、本文には「メモ書きがある」という旨を示すマークが表示される。マークをタップすると、書き込んだメモが現れるという仕組みだ。

 残念ながら、このメモはScribe以外のデバイスでは表示できない。ただし、書き込んだメモはPDFファイルとしてメールに添付して送付することはできる。

 なお、電子書籍への付箋メモの可否はコンテンツによって異なる。マンガや雑誌ではメモを添付できないものが多く、実用書も一部はメモを添付できない。この制約は主に電子書籍のファイル形式に起因するものだそうだが、Amazonの販売ページを見ると、付箋メモを添付できる書籍にはアイコン表示がある。自分がこれから買う書籍にメモを残したいという場合は、アイコンの有無をしっかりとチェックしたい。

ノートへの書き込み

 ペンを活用できるもう1つの機能が、ノートの作成だ。「会議の議事録」「打ち合わせ時のメモ」「講義ノート」「ToDoリスト」など、いくつかのテンプレートが用意されており、幅広く利用できる。

 ノートは書籍とは全く関係なく利用可能だが手書きに特化しているようで、付箋メモとは異なり、ソフトウェアキーボードによる入力はできない。また、他のE Inkタブレットには装備されている手書き文字のテキスト化機能はない。できることはシンプルに「ペンとマーカーの切り替え」「ペンやマーカーの太さの変更」だけである。

 できることを絞り込んでいるゆえに、迷わず使えるという点はむしろよい方向に働いていると思う。

 作成したノートは、ホーム画面の「最近使ったアイテム」に表示される他、下部にある「ノート」タブから確認できる。付箋メモと同様に、PDFファイルとしてメールで送信することも可能だ。

 加えて、ノートで作成したアイテムはスマートフォンの「Kindleアプリ」でも表示できる。あくまでも表示のみで編集は行えないが、Scribeが手元になくてもスマホから簡単に確認できるのは便利である。

 さらに、「Send to Kindle」機能を利用すると、Kindle ScribeにPDFファイルなどのドキュメント類を送信できる。この機能自体は、従来のKindleシリーズでも利用可能だが、ScribeならPDFファイルに“手書き”したデータをPDFファイルとしてメールに添付して送付できる。

 仕事などで手書きの署名を行う必要が生じた場合などに活用できそうだ。

●機能の絞り込みでむしろ使いやすい面も

 ここまでKindle Scribeをレビューしてきたが、先行するE Inkタブレットと比べると、手書きに関連する機能はかなり少なめな印象だ。しかし、その分だけ操作は簡単で、難しいことを考えずに直感的に利用できる。

 Kindleとしての機能がベースにあるので、他機種でありがちな「あれもこれもできるけれど、どれもが機能的に中途半端」といったこともない。個人的な好みをいえば、Kindle Scribeの6〜7型バージョンが欲しいと思ってしまうのだが……。

 一方で、ネックを挙げるとすると価格だろう。従来のKindleシリーズよりも割高であることは否めない。それでも、Kindleを利用しつつ手書きのノートも使いたいという人には、Kindle Scribeは最適な選択肢となりそうだ。