Amazon.co.jpが3月29日に「Amazon新生活SALE FINAL」を開催する。それに先がけた先行セールが3月22日にスタートしており、PC関連製品を展開するアイ・オー・データ機器もさまざまなジャンルの製品を大量に出品している。

 対象となっているのは、汎用的なスタンダードディスプレイからゲーミングディスプレイ、外付けHDDやWi-Fiルーターなど。最大割引率は30%だ。

 Amazon新生活SALE FINALはは4月1日午後11時59分まで。既に売り切れている製品もあるが、期間中に復活することもある。欲しいものがあれば、何度かチェックしてみることをおすすめする。

●スタンダードディスプレイがお得

 ディスプレイが高解像度化するのはうれしいが、視力的に厳しいという層も一定数いるだろう。そもそも4K表示のディスプレイを持っていても、125%や150%表示にしている人もいる。

 アイ・オー・データ機器「EX-A271DB」は、27型で3辺フレームレスパネルを採用しており、複数のディスプレイを並べてもフレームが気にならない。リフレッシュレートは75Hzで、178度どこからでも見える広視野角ADSパネルも相まって視認性が良い。

 PCのオンオフに連動して自動的にディスプレイの電源をオフにできたり、削減したいワット数を確認して輝度を設定したりできる省電力機能も搭載している。電気代の上がっている昨今ではありがたい機能だといえるだろう。

 付属スタンドの台座部分には、スマホを立てられるスタンドもある。スマホをPCのサブディスプレイとして使っている人、スマホでSNSや株価のチェックをしている人などにとっては使い勝手が良い。

 通常価格が1万8981円のところ、セール中は15%オフの1万6130円で購入できる。2台まとめて購入して、広い作業領域を整えてみるのはどうだろうか。

●高解像度ディスプレイがお得

 広い作業スペースを確保したいというのであれば、高解像度のディスプレイがお勧めだ。

 「EX-LDQ271DB」は、27型ワイドでWQHD(2560×1440ピクセル)解像度という、情報量の多さと目への優しさを兼ね備えたディスプレイだ。

 ゲーム、写真、動画、Web/メール別にそれぞれのコンテンツを見やすくするモード切り替え機能を搭載。HDMI入力端子は3基搭載しているので、出力元に応じて画面モードを切り替えるという使い方もできるだろう。1cmの極細フレームを採用しているので、「フレームが気になって、コンテンツに没入できない」ということもなさそうだ。

 直近の価格が3万2020円のところ、15%オフの2万7210円となっている。

●ゲーミングモニターがお得

 ゲーミングモニターは、高リフレッシュレート、高解像度、高画質、低レイテンシーと、ゲームだけでなく動画視聴や、写真/動画編集など、クリエイティブなシーンなどでも使い勝手が良い。

 「GigaCrysta EX-GCU271HXAB」は、27型で4K(3840×2160ピクセル)の高解像度、広視野角のAHVAパネルを採用。DVDなどのSD(720×480ピクセル)画質でも、解像感を向上させる「超解像技術」や、暗いシーンを鮮明に映し出す「Night Clear Vision」で高解像度ディスプレイのメリットを得られる仕様になっている。

 リフレッシュレートは120Hzで、搭載している2基のHDMI出力端子はHDMI2.1規格のVRR(Variable Refresh Rate。可変リフレッシュレート)に対応。例えばPlayStation 5のスペックをフルに活用できる。オーバードライブ機能をONにすれば、画面の応答速度を向上させて、動きの速いゲームでも残像感を低減できる。アクションシーンの多い動画視聴にも適している。

 ディスプレイの高さは110mmの範囲で、チルト方向は下向きに3度、上向きに20度、水平方向へは左右130度に振ることができ、ピボットにも対応しているので、どのようなデスク環境でも、無理な姿勢を取らずに画面に集中できそうだ。

●外付けHHDがお得

 時とともにデータはどんどんたまっていく。いつか見ようと録画したテレビ番組もどんどんたまっていく。容量いっぱいになっているのに、新しい製品を買ってきて再設定するのは面倒くさい。

 そんな人にお勧めなのが「テレビ録画用ハードディスク トロッカ 3TB HDPL-UTA3K/E」だ。AC電源いらずで、付属のケーブルを使って自宅のテレビとトロッカをつなぐだけで設置できるからだ。

 家電メーカーと連携して、実機での動作確認を行っているので、シャープアクオス、ソニーブラビア、三菱REALなど、対応情報ページに掲載の対応機器が確実につながるという安心感があるのもいい。

 こちらは10%オフの1万2580円で販売中。LEDを使用していないので、寝室とリビングが同じという、ワンルームで新生活を迎える人にもお勧めだ。

●Wi-Fiルーターがお得

 せっかく新しい生活を始めるのであれば、ネットワーク環境も新しくしたい。

 「WN-DAX4200GR/EC」は、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)に対応し、5GHz帯で最大3603Mbps、2.4GHz帯で最大574Mbpsの通信速度が可能なWi-Fiルーターだ。

 凹凸の少ない白いシンプルなボディーは、メカニカルな印象を与えないので、どんな部屋にも溶け込み生活空間になじむデザインといえるだろう。縦置き、横置きが可能なので、回線終端装置の近くであれば置き場所を選ばないのも良い。

 回線終端装置または壁のLANポートにつなげば、自動的にインターネット回線を判別するので、慌ただしい中でもインターネットの利用開始がスムーズだ。WPSボタンを搭載しているので、PCやスマホからの接続も手間いらずだ。

 こちらは通常価格が1万1480円のところ、15%オフの9750円となっている。何かと出費のかさむ引っ越しイベントで、この価格はありがたい。

●キャプチャーボードがお得

 「GigaCrysta GV-USB3HDS/E」は、HDR録画のできるビデオキャプチャーだ。例えばゲーム機の映像をHDMI端子で入力し、別のHDMI端子からTVやディスプレイに出力できる。USBケーブルをPCに接続すれば最大4K30fps、2K120fps画質でゲームのプレイ画面を録画できる。同画質でのパススルーにも対応しているので、操作と表示のズレが気にならない仕様なのも良い。

 初心者でも使いやすいビデオ編集ソフト「PowerDirector 18 for I-O DATA」も付属しており、撮りためた動画の切り貼り、字幕やタイトル挿入、モーショントラックなどのエフェクト追加を行って動画配信などで共有する楽しさも味わえる。