13日夕方、愛媛県新居浜市で3人が刺されるなどして死亡した事件で、逮捕された男が「あいつらが悪い」などと供述し、一方的に恨みを募らせていた疑いがあることが分かりました。

「前に来た男が来て、揉めている」13日午後5時半すぎの110番通報。事件は愛媛県・新居浜市の一軒家で起きました。警察が駆け付けると、岩田友義さん(80)と妻のアイ子さん(80)、三男の健一さん(51)が刃物で複数の箇所を刺されたり切られたりして、倒れていて、その後、死亡が確認されました。この時、友義さんは、玄関先で倒れていたといいます。

警察は、その場でナイフを持ち立っていた住所不定の無職、河野智容疑者(53)を銃刀法違反の疑いで、逮捕しました。「殺すつもりでナイフを持っていた」逮捕直後、落ち着いた様子でこう供述していたという河野容疑者。さらに、新たに分かった供述は・・・。

「あいつらが悪い」河野容疑者は2年前にも岩田さんの家に押しかけ、言いがかりをつけていたと言います。そして、先月も同じような警察沙汰を起こしていたことも分かりました。

警察は、河野容疑者が一方的に恨みを募らせ犯行に及んだとみて、動機の解明を進めています。