<西武8−1楽天>  西武の菊池雄星(花巻東高)はリーグトップの11勝目を挙げ、チームを1991年以来、26年ぶりの12連勝に導いた。8回3安打1失点で11三振を奪い、今季楽天に4戦全勝。自身も4連勝とし、お立ち台で「初回に3点を取ってもらって伸び伸びと投げられた」と目尻を下げた。  五回、ウィーラーに自己最速の158キロをマークするなど直球が走り、五回2死まで完璧に抑えた。3−0の六回、先頭打者の細川にソロを浴びると「流れがどっちにいくか分からない。ギアを上げた」と田中をスライダーで、茂木、枡田は速球で3者連続の空振り三振に仕留め、反撃ムードを断った。  チームの12連勝は7月21日、菊池の9勝目から始まった。「上位を狙うには楽天、ソフトバンクは大事になる」と背中を追う上位を相手に負けるわけにはいかなかった。  辻監督は「力むことなく腕も振れてコントロールも良かった」と絶賛した。エースとして勝ちパターンの救援陣を休ませた菊池は「少しでも長いイニングを投げたいと思っている。良かったと思う」と胸を張った。