【東京支社】鈴木俊一五輪相(衆院岩手2区)は4日、閣議や前任の丸川珠代氏からの引き継ぎなどに臨み、本格始動した。東京五輪開催のキーパーソンとなる小池百合子東京都知事、大会組織委員会の森喜朗会長にも早速、就任のあいさつをするなど精力的に動いた。  東京都庁では、小池知事が「お互い環境相経験者。暑さ対策や二酸化炭素排出削減などで環境先進ニッポン、環境先進東京をアピールしたい」と語り、鈴木五輪相は「いろんな枠組みが固まってきた。細部を詰めるに当たり都、組織委、私たちがよく意思疎通することが大事だ」と強調した。