ゲームソフト「桃太郎電鉄」シリーズの制作者でゲームライター・作家のさくまあきらさん(65)は4日、東日本大震災で被災した三陸鉄道を支援しようと県に2千万円を寄付した。  さくまさんや久慈広域観光協議会の貫牛利一専務理事らが県庁を訪問し、ふるさと岩手応援寄付として目録を達増知事に手渡した。達増知事は「三鉄は再来年にJR山田線の宮古―釜石間を引き受ける大事な時期。大きな支援にお礼したい」と感謝し、三鉄オーナー証などをさくまさんに贈った。  同シリーズ最新作の2017たちあがれ日本ではゲーム内に三陸鉄道久慈駅が登場。さくまさんは昨春に久慈市を訪れており「オーナーとして今後も足を運び、三陸を勇気づけたい」と意欲を示した。