ノルディックスキーの大倉山チャレンジカップ・サマージャンプ大会は6日、札幌市大倉山ジャンプ競技場(ヒルサイズ=HS134メートル)で行われ、女子は小林諭果(CHINTAI、盛岡中央高−早大)が104・5メートル、111メートルの173・9点で優勝した。高梨沙羅(クラレ)、伊藤有希(土屋ホーム)ら有力選手は海外遠征のため出場しなかった。  男子は葛西紀明(土屋ホーム)が131メートル、128メートルの264・2点で優勝した。竹内択(北野建設)が259・6点で2位、伊東大貴(雪印メグミルク)が247・8点で3位に入った。小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)は2回目に最長不倒の133・5メートルを飛び、4位となった。