東北中学校体育大会などは6日、各地で5競技が行われ、県勢はホッケー(6人制)で、男子の川口が沼宮内との岩手町勢対決を制し4年ぶり、女子は沼宮内が2年連続で優勝し、3年ぶりに男女とも頂点に立った。準優勝の男子沼宮内を含む3チームが全国切符をつかんだ。 サッカーは遠野が準決勝で田名部(青森)に7−1で大勝。決勝は青森山田に敗れたが、準優勝で全国中学校大会に進んだ。ソフトボール女子の花泉(一関)も準決勝で平賀東(青森)を4−0で退け、2位で全国切符を獲得した。  バレーボールは男子の宮野目(花巻)が準決勝に進み、全国大会出場を決めた。金ケ崎と見前南(盛岡)は準々決勝敗退。女子の陸前高田・一、大船渡・一はともに2回戦で姿を消した。