台風5号は7日、四国の太平洋岸を進み、午後3時半ごろ、和歌山県北部に上陸した。盛岡地方気象台によると、本県は台風の影響で8日昼前から9日にかけて大雨となる見込み。偏西風がオホーツク海に蛇行しているため、台風は速度が遅いまま進むとみられる。強い雨が長時間に及ぶ恐れがあり、河川の増水や土砂災害などに警戒が必要だ。  本県への最接近は9日午前で、台風の周囲を回るように湿った空気が流れ込むため、雨のピークは8日午後3時〜9日正午となる見込み。予想される24時間降水量は8日午後6時まで120ミリ、9日同6時まで100〜200ミリ。10日には温帯低気圧に変わる見通しだ。  大気の状態が不安定になり、北上高地や奥羽山脈の斜面に積乱雲が発達しやすくなるため、1時間40ミリの激しい雷雨も懸念される。海上はしけ、沿岸は満潮時の高潮で浸水する恐れもある。強い風にも注意が必要だ。