【東京支社】本県の黄川田徹衆院議員(岩手3区)と階猛衆院議員(岩手1区)が所属する民進党のグループ「自誓会」は9日、東京都内で会合を開き、党代表選対応は前原誠司元外相を支援することを決めた。  黄川田氏、階氏ら現職9人、衆院新岩手2区に出馬を予定する畑浩治元衆院議員ら新人・元職11人が1時間余り協議。終了後、代表幹事を務める黄川田氏は「代表選にも同じ仲間として行動ができればいいと意見交換した」と語った。  代表選には現段階で、前原氏と枝野幸男元官房長官が立候補を表明している。