神奈川県や東京都、宮城県などで活動するゴスペルスパークル(金井恵理花代表)は12日、田野畑村島越の島越ふれあい公園で、震災津波の犠牲者を追悼した。  各地から集まったメンバー13人が雨の中、海に向かって「アメージンググレース」や「Oh Happy day」など5曲を軽快なリズムに合わせ手拍子しながら歌った。  金井代表は「犠牲者への追悼の気持ちと魂の道しるべとなればいい」とゴスペルをささげた。  訪れた人たちは歌に合わせて一緒に体を動かし、口ずさんだ。同村和野の女性(66)は「迫力ある歌声で良かった。島越でも多くの犠牲者が出たが、その人たちと一緒に聞けたような気がする」と悼んだ。