台湾からの教育旅行の誘致を目的に県が招待した現地の高校教員の女性3人は15日までの4日間、本県に滞在した。14日は遠野市を視察し、地元の高校生からバレンタインデーにちなんだもてなしを受け交流を深めた。  道の駅遠野風の丘(佐々木教彦支配人)と遠野高(岩渕信義校長)の生徒有志7人が連携して企画。同市綾織町の道の駅に恋愛成就の神様として知られる卯子酉(うねどり)神社(同市遠野町)を再現した。  9〜11日に台湾で開かれた遠野物産展に参加した同校の小竹果乃(かの)さんと前川柊(しゅう)さん(ともに2年)が、赤い布に願い事を書いて左手で枝に結ぶと縁が結ばれるという同神社の言い伝えを説明した。