5日はこどもの日で二十四節気の「立夏(りっか)」。暦の上では夏の始まりとされる。4日の県内は高気圧に覆われて晴れ、奥州市水沢の市ふれあいの丘公園では、青空に子どもたちの歓声が響いた。

 ドーム状の跳躍器具が人気で、子どもたちは高く跳びはねて大喜び。家族と訪れた一関小3年の菅原泰羽(やすは)さんと今奈月(なつき)さんは「友達と遊べてすごく楽しい。何回でも来たい」と声を弾ませた。