「TABLE FOR TWO」対象メニューを販売開始

EGGS ’N THINGS JAPAN株式会社(東京都港区 代表取締役:荻野忍)は、「TABLE FOR TWO」対象メニュー「ヘルシーサラダボウル」及び「フレンチトースト&フルーツ」を2017年7月1日(土)よりEggs ’n Thingsの国内全店舗にて販売しています。

全世界で飢餓や栄養失調に苦しむ人は約10億人、食べ過ぎによる肥満に悩む人は20億人とも言われ、「TABLE FOR TWO」はこうした飢餓に苦しむ開発途上国、肥満や生活習慣病を抱える先進国、双方の食の不均衡解消のために設立されたNPO法人です。

今回販売が発表された「ヘルシーサラダボウル」は何かと不足しがちな食物繊維を摂るのにぴったりのメニューで、また「フレンチトースト&フルーツ」は乳製品・果物・野菜不足といった生活習慣病を引き起こす原因に配慮したメニューとなっています。

これらのメニューをオーダーすると、1食当たり20円が「TABLE FOR TWO」を介して途上国の子どもにに対して寄付されます。

野菜たっぷり!ヘルシーサラダボウル

五穀米を使用したご飯の上にサラダがたくさんのったボリュームたっぷりの一品です。

ドレッシングはほんのりした酸味とクリーミーな食感が特徴的で、コーンビーフハッシュ、オニオンとも相性抜群。

このメニューに使われている食材はなんと16種類。厚生労働省・農林水産省発行の「食事バランスガイド」によると、日本人が1日に必要な野菜摂取目標量は400gということであり、ヘルシーサラダボウル1食でその1/3を摂取することができます。

フルーツ盛りだくさん!フレンチトースト&フルーツ

フレンチトーストと盛りだくさんのフルーツがセットになった一品。

ほのかな甘さのフレンチトーストにフレッシュなフルーツの組み合わせは、ハウオリ(幸せ)な気分にさせてくれます。

フルーツにはイチゴ、ブルーベリー、キウイ、パイナップル、バナナ、マンゴーを使用。

厚生労働省・農林水産省発行「食事バランスガイド」によると、果物の1日当たりの摂取目標量200gとなっており、フレンチトースト&フルーツは1食でこれを達成することができ、またビタミンCも必要量の70%を摂取できるとのことです。

お皿にはハチミツもついてくるので、お好みに応じてかけて頂くこともでき、より一層の味わいの変化を楽しむことができます。

「TABLE FOR TWO」について

世界的な問題となっている開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病。

これらは食生活の不均衡に起因する問題であり、これを解決するために設立されたのが、日本発のNPO法人「TABLE FOR TWO」です。

「TABLE FOR TWO」のパートナーの飲食店で対象メニューや食品を購入すると、「TABLE FOR TWO」を通じて開発途上国の給食費として、20円(途上国の1食分に相当)が寄付されます。

すなわち先進国で1食食べると、途上国に1食分の支援が行われる仕組みとなっています。

こうした途上国の食糧不足の他にも、先進国の肥満や生活習慣病を解消するため、現代社会の「食」についての見直しも行なっており、「毎日食べる食事を通して健康へ」という目標を掲げ活動を行なっているとのことです。

参考サイト

EGGS ’N THINGS JAPAN株式会社 プレスリリース