「mamaro」を試験的に設置

Trim株式会社(神奈川県横浜市 社長:長谷川 裕介)は、「京急サニーマート(横浜市金沢区)」内に試験的にスマートナーシングルーム「mamaro」を設置することを発表しました。

設置期間は2017年7月1日(土)からの1年間となっています。

「京急サニーマート」は、京浜急行電鉄株式会社(東京都港区 社長:原田 一之)グループの商業施設。

京急電鉄では、子育てに忙しい世帯にとって魅力ある沿線街にするための活動を行なっており、今回の「mamaro」設置はその一環ということです。

授乳などに便利、子育てコンテンツ豊富な個室

「mamaro」は授乳や寝かしつけなどに利用できる、セキュリティ対策も万全な設置型の個室です。

室内には体温を感知するセンサーが設けられ、利用状況がわかるようになっています。

また、不正利用を予防しつつもプライバシーは確保されており、安心して利用ができるようになっています。

室内にはモニターがあり、子どもを連れて外出する際のお役立ち情報をはじめ、子育てに関するコンテンツを見ることができるなど、充実した子育ての環境を提供しています。

また、Trimでは子育てに必要な地域情報を投稿・閲覧できるSNS「MakeLocal(金沢区版)」を運営しており、これも「mamaro」内で利用可能。

「MakeLocal」は個人に限らず企業や治体、NPOなども投稿することができ、子育てを通して地域のコミュニケーションを活性化が期待できるSNSとなっています。

さらにTrimでは、自社で運営している授乳室・おむつ替え検索できるスマホアプリ「Baby map(ベビ★マ、iOS/Android)」の中で、「mamaro」の空き状況を確認できるよう、近日中にアップデートする予定とのことです。

設置型ナーシングルーム「mamaro」概要

設置場所:神奈川県横浜市金沢区 京急ストア サニーマート店内 ウエノクリーニング横
導入期間:2017年7月1日(土)から1年間(更新の可能性あり)
導入台数:1台
室内設備:ソファ 可動式ソファ テーブル2台 モニター コンセント
大きさ:高さ220cm×幅220cm×奥行90cm(室内の高さ190cm)
■主な特徴
・下部にキャスターが設置されており移動が可能
・室内モニターにより子育てコンテンツやお出かけ情報を閲覧可能
・体温識別センサーにより大人・子どもの人数を把握、不正利用に対処

参考サイト

Trim株式会社 プレスリリース