リモコンで日よけの操作が可能

株式会社カーメイトは、2017年8月上旬に自社ブランドである「エールベベ・クルット」シリーズから、リモコンでサンシェードが操作可能となる最上位モデル『エールベベ・クルット・シュリエール』を販売することを発表しています。

商品コンセプトは、大切な家族であるお子さまへ愛情をたっぷりと注いでいるご両親へ贈る特別なチャイルドシートです。

ママとお子さまの快適なおでかけを実現

この商品を開発するに当たっての背景は、お子さまを乗せて運転するママの頻度からきています。株式会社カーメイトのインターネット調査によると、お子さまを乗せて毎日運転するママは24%、週3〜6回程度のママは22%、週1〜2回程度のママは20%となっており、1週間に1回以上運転するママは66%にもなっています。

株式会社カーメイトは、子育てママがお子さまを乗せて運転する機会が多いことに注目し、ママとお子さまのおでかけが楽しく安全になるように商品を開発しています。

商品開発にあたり、以前のモーターショーで発表したカー用品の電動化・リモート操作の技術を活用しています。

商品の3つの特徴

今回発表された商品には、3つの特徴が挙げられます。

リモートサンシェード ベビー・フットマフ スリープ・ピロー

リモートサンシェードは、リモコンで開閉できる日よけの機能になっています。開閉音が静かで、眠っているお子さまを起こしてします心配もありません。

ベビーフット・マフは気温の変化にまだ慣れていないお子さまを守る機能です。エアコンの風や冬の寒さから赤ちゃんを守ります。

スリープ・ピローはお子さまが快適に眠れるようふわふわの枕で首を支えます。生後間もないお子さまから大きくなったお子さままで快適に眠ることができます。

参考サイト

株式会社カーメイト プレスリリース