20歳〜69歳の男女14万人を対象としたインターネット調査

ココロの体力低下をしている日本人の心の状態を見える化し、脳科学者などの専門家や他社企業と共同で、エビデンスに基づいてストレスと身体や肌を調査・研究する株式会社メディプラス研究所(本社:東京都渋谷区、代表:恒吉 明美)が運営する「オフラボ」は全国、20歳〜69歳の14万人(男女各7万人)を対象としたインターネット調査『ココロの体力測定2017』を実施しました。

ココロの体力測定2017

?低ストレス者と高ストレス者の行動の違いを曜日別で調査

【調査結果】

・低ストレス女性と高ストレス女性、共にストレスレベル・曜日に関わらず5割以上の人が「湯船に浸かる」と回答。この調査結果により毎日の入浴への意識が高いことがわかりました。

・ストレスレベルで差が出たものは「睡眠を7時間以上とる」と答えた高ストレス女性。平日では軒並み20%以下に対して低ストレス女性は30%以上でした。また週の半ばである水曜日と木曜日の睡眠を意識している人の場合、20%以下の高ストレス女性に対して低ストレス女性は半数近くいることがわかりました。

☆全体的に10ポイント程度、実施率が高いのは低ストレス女性でした。また「仕事」では平日は変わらないものの、週末の高ストレス女性の実施率が低ストレス女性を顕著に上回っている調査結果となりました。

?自分の時間の使い方を曜日ごとに調査

【低ストレス女性】

週の初めを「ジム」「お酒を飲まない」「セルフケアに時間を割く」といった健康的な時間にあてている人が多いようです。また週の半ばは「趣味」、平日最後の金曜日は「異性とのスキンシップ」「デート」とメリハリのある印象です。

【高ストレス女性】

週を通しての「ストレス発散の食事」が高い傾向があるようです。
とくに火〜金曜は、低ストレス女性の倍近くのポイント数でした。

☆日常の基本行動で週を通して低ストレス女性の実施率が高かった「入浴」「家族と夕食」も、平日では月曜日が一番高かい傾向がみられました。また水・木曜日の「睡眠」への意識を併せてみると、ストレスオフの鍵は週初めの“月曜日”と週半ばの“水・木曜日”の過ごし方にあると言えそうです。

【調査概要】

期間:2017年 2月28日〜3月7日
対象:全国の20〜69歳の男女各7万人(合計14万人)
期間:SCR調査 2017年2〜3月⇒ 本調査 2017年4月
項目:15問

厚生労働省の「ストレスチェック制度の健康状態項目」を基に独自加工して点数化

集計したデータを「県・年齢」を実際の人口でウエイト修正を行い活用

【本調査】

対象|女性、全国、20〜69歳、2266人
共通項目(女性、有職者)高ストレス者356、低ストレス者204人

■オフラボとは

「ココロの体力低下」をしている日本人の心の状態を見える化し、脳科学者などの専門家や他社企業と共同で、エビデンスに基づいてストレスと身体や肌を調査・研究する(株)メディプラス研究所を中心としたプロジェクト。

☆可視化しにくいストレスを顕在化するだけではなく、心のバランスが取れていて、身体も肌も健やかな状態、「ストレスオフ」を提唱。またウェアラブルセンサでメンタルコンディションを測定するサービスを展開するWINフロンティア(株)と共同で研究ストレスオフな状態へと導くさまざまなセルフケアを検証しています。

■ ココロの体力測定

東邦大学名誉教授・脳生理学者 有田秀穂氏の監修のもと、全国の20〜69歳の男女各7万人(合計14万人)を対象に「ココロの体力測定」(ストレス指数チェック)を実施しています。☆2015年12月より厚生労働省から義務付けられている、「ストレスチェック制度」の対象となる従業員規模50人以上の企業だけでなく、義務化の対象にならない有職者や専業主婦まで含めて広くストレス状態を計測・数値化しています。

参考サイト

株式会社メディプラス研究所
PR TIMES プレスリリース