肌トラブルが気になる冬の季節

ミュゼプラチナムは、全国の20〜39歳の女性600名を対象に「冬の肌トラブルとムダ毛のお手入れ」に関するアンケート調査を実施しました。

空気の乾燥による肌トラブルが気になる冬の到来が迫ってきていることから、今回のアンケート調査を行いました。今回の調査では、東京女子医科大学 皮膚科学教室 教授・講座主任 川島眞先生がコメントやアドバイスをしています。

肌トラブルが多い季節は冬

86.2%の女性が季節ごとのお肌の変化を感じており、「1年のうちもっとも肌トラブルが多いと感じる季節はいつか」について調査した結果、全体の約半数にのぼる47.0%の女性がもっとも肌トラブルが多い季節は「冬」と回答しています。また、年代別で肌トラブルの状況を見てみると、30代は冬の肌トラブル、20代は夏に肌トラブルが多い状況が明らかになりました。

20代は夏の日焼けによるシミ、野外活動での発汗トラブルが多く、夏に肌トラブルが多くなっています。一方30代は日焼けをするような行動をとらないため、夏のトラブルは少なくなっています。しかし、冬になると肌の乾燥を20代よりも感じることがうかがえます。

肌の悩み1位は乾燥

女性に冬の肌悩みは、67.5%が「乾燥」、20.7%が「かゆみ」、14.8%「ムダ毛」という結果になりました。肌の露出が少ない冬でもムダ毛が肌悩みの上位にきています。季節ごとのボディケア方法の調査結果は、1位が「ボディソープ、石鹸で体を洗う」、2位が「ムダ毛処理をする」、3位が「ボディクリームを塗る」という結果になりました。ムダ毛の処理は、年間を通してお手入れをする女性が多いことが明かになっています。

川島先生が、冬の季節のお肌ケア方法と特に気をつけるポイントをコメントされています。


『 1.ドライスキンは外的刺激に弱いので、肌トラブルを起こしやすくなります。十分な保湿により角層水分量を高めましょう。 2.暖房をかけすぎないこと、加湿器を使うことなどの環境対策も非常に重要です。 3.熱いお風呂に長く入ってしまうと、角層の脂質を過剰にとってしまい、ドライスキンが進んでしまうので要注意です。 4.入浴直後はローション、乳液、クリームを使用し、水分を各層にとじこめましょう。 』

【ミュゼプラチナム調べ】

参考サイト

株式会社ミュゼプラチナム プレスリリース(PRTIMES)