1993年に発売された「Jリーグカレー」が31年ぶりに復刻し、サッカー・J1の10試合が行われる15日に各会場で1000個ずつ(計1万個)が配布される。「Jリーグカレー」といえば、当時のV川崎(現東京V)のスター選手だったラモス瑠偉さんが出演したテレビCMが人気だったが、今回、そのCMも限りなく正確に復刻。そのクオリティーがSNSでも大きな話題になっている。

CMは「もりもり食べて強くなってね」と母親から差し出された「Jリーグカレー」を、子供のまさおが食べると急激に成長し、ラモスさんに変身するといったもの。今回制作された動画はオリジナルを“完コピ”し、ラモスさんが同じ役で出演しており、さらに、子役としてまさお役を務めた男性が父親役で登場している。

当時のCMを再現した動画は話題になり、SNSには「Jリーグカレー懐かしいw」「31年経ってもラモスなの良いし、まさおがお父さん!!」「JリーグカレーのCM覚えてる!さ、さんじゅういちねんまえ……!?」「復刻版のCMも再現度が素晴らしい。まさお君も随分と成長しました」などと大盛り上がり。また、「Jリーグカレー普通に再販してほしい」「スタで配るだけっすか!しかも平日試合なのに!」「普通に販売してくれたら、箱で買いたいレベル!」など、一般販売を希望する声も目立った。

また、そのラモスさんが15日に生放送されたバラエティー「ラヴィット!」(TBS)に出演。出演者らとPK対決を行い、視聴者を楽しませた。番組終了後には、MCの麒麟・川島明がX(旧ツイッター)で「白熱したPK対決のあとバニラアイスランキングを真剣に予想してくれるラモスさんに痺れました。」と共演しての感想をつづり、「そしてご本人からあのJリーグカレーをいただきました!こちらは本日開かれるJ1リーグ全10試合の各会場で1000個づつ配布されます!」とJリーグカレーを紹介。この投稿にも「うらやましい」「うまそー」といったコメントが寄せられた。