宮家邦彦(立命館大学 客員教授・外交政策研究所代表)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー 2017#31(2017年7月31-8月6日)

【まとめ】

・7月28日北朝鮮、2度目のICBM発射実験、米国が本気で自衛権行使を考える可能性も。

・トランプ大統領「中国には大いに失望」と発言。対中国姿勢180度変化。

・8月1日習近平主席、建軍90周年演習を視察。

 

先週7月28-29日深夜に北朝鮮が2度目のICBM発射実験を行った。直後の29日早朝、某公共放送から電話が入り、翌日の「日曜討論」出演が決まった。今回の発射の意味、北朝鮮の意図は、国際社会は何を?いずれも定番の質問だった。

北朝鮮の意図は、軍事的挑発ではなく、交渉上の挑発だ。米国本土に届く核弾頭付きICBMを実戦配備し、力の立場から米国に北朝鮮を核兵器保有国として認めさせ、対北朝鮮平和条約を締結させ、その上で生き残りたいのだ。

しかし、それは自殺行為ではないか。核弾頭付きICBMが米本土に届けば、米国のホームランドセキュリティとなるから、米国は本気で自衛権行使を考える可能性が出てくる。北朝鮮はそれで本当に良いのか。

今回のICBMは3725キロ上空まで達し、47分12秒=2832秒で998キロ飛んだという。ネット上には便利な計算サイトがあり、放物運動の高度と距離から初速を計算し、その初速で打ち出し角度を45度にすれば最大射程が計算できる、

IMG_6785

ハズだったのだが、どうやっても計算が合わない。重力係数は間違いなさそうだが、空気抵抗の誤差か、速度が変化するから実際の飛行時間とは違うのか。北朝鮮問題の詳細は今週木曜日の産経新聞コラムをお読み頂きたい。

今週はトランプ氏の「中国には大いに失望した、口だけで何もしない、このままでは許さない」発言と習近平氏の「人民解放軍を世界一流の軍隊にする(どちらも7月30日)」発言に笑った。米中首脳の発言は意外に軽いのだ。

 

〇欧州・ロシア

8月1日にイタリア政府が難民の流入を止めるためリビアに艦船を派遣する案を議会に送付するという。そういえば、地中海はもう夏だから、また難民が殺到しているのだろうか。犠牲者が出ないとニュースにならないのか。考えただけでも胸が痛む。

 

〇東アジア・大洋州

8月1日に習近平・党中央軍事委員会主席が建軍90周年演習を視察する。前日には軍事パレードに出席し、「人民解放軍を世界一流の軍隊にする」と述べたそうな。ということは、人民解放軍はまだ「世界一流」ではないということか。

8月2〜8日にマニラで第50回ASEAN外相会議が開かれる。拡大外相会議には日米中露韓と北朝鮮が参加する。もう50回になったか。昔は、アトラクションをやったり、お遊びのような会議だったが、今はどうなのだろう。

 

〇中東・アフリカ

7月31日にサウジアラビアにイラン巡礼団の第一陣が到着する。これからハッジが始まるのか。イランといえば、4日から北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員会委員長がテヘランを訪問し、5日にはローハニ大統領と会談する。

イランといえば、北朝鮮にミサイル技術を提供しているはずだが、まあこのレベルで核兵器の詳細が議論されるとは思わない。それにしても、金永南氏は大したものだ。あの国で粛清されないとは、それだけで偉大である。

 

○南北アメリカ

過去3カ月の中国・北朝鮮関連のトランプ氏発言は右往左往した。

「習氏はとても良い人で、何かしたいようだが、できない可能性もある(4月27日)」

「北朝鮮は中国や尊敬すべき習近平国家主席の思いに敬意を払わない(4月28日)」

「習氏は友人だが、北朝鮮でもう少しやってくれるはず、様子を見たい(7月14日)

「中国には大いに失望、喋るだけで何もしない、このままでは許さない(7月30日)」

中国については「友人」から「失望」に180度変わった訳だが、これで本当に外交になるのか。ホワイトハウスの首席補佐官が元軍人に交代するが、これを機に、トランプさん、こんな発言はもう止めて、もっと仕事をしたらどうですか。

 

〇インド亜大陸

特記事項なし。

 

今週はこのくらいにしておこう。いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。