スマートフォンに表示されたツイッターのロゴ。仏西部ベルトゥーで(2016年12月28日撮影)。(c)AFP/LOIC VENANCE〔AFPBB News〕

 米国の市場調査会社eマーケターが、このほどまとめたソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の利用実態に関するリポートによると、SNSの世界利用者数は今年、24億6000万人になり、昨年の22億8000万人から約8%増加する見通しという。

 SNSの利用者数は世界人口の3分の1を占めるまでになり、世界インターネット利用者数の71%に達すると、同社は見ている。

2021年には30.2億人に

 eマーケターはこのSNSの統計に、米スナップの「Snapchat」や、中国テンセントホールディングス(騰訊控股)の「WeChat(微信)」といった人気メッセージングアプリを含めていない。しかしフェイスブックが先ごろ、その世界利用者数が20億人を突破したと発表するなど、今やSNSは国家を超える規模の巨大コミュニティーになっている。

(参考・関連記事)「フェイスブック、利用者数が20億人に到達」

 そして、SNSの世界利用者数は今後毎年、ほぼ5〜6%の伸び率で増大し、2021年には30億2000万人に達するとeマーケターは予測している。

メッセージングアプリとの競争激化

 こうした中、フェイスブックやツイッターをはじめとするSNSは、メッセージングアプリと利用者の奪い合いをしており、その競争が激化している。