ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ラマラでナビゲーションアプリの画面を表示する人(2016年2月18日撮影)。(c)AFP/ABBAS MOMANI〔AFPBB News〕

 ドイツの市場調査会社GfKがこのほどまとめたスマートフォンの世界販売統計によると、今年(2017年)4〜6月期の販売台数は、3億4690万台となり、1年前から4%増加した。

アジアの新興国市場が急伸

 この台数は、4〜6月期としては過去最大。世界スマートフォン市場の成長は、販売が急速に伸びているアジアの新興国市場によって支えられたという。

 同社が、ここで言う、アジアの新興国市場とは、インド、インドネシア、バングラデシュ、マレーシア、フィリピン、タイなど。その今年4〜6月期の販売台数は、5670万台で、1年前から13%増加した。この伸び率は他のどの地域よりも高い。

 GfKによると、アジアの新興国市場の中で高い伸び率を示したのは、バングラデシュとマレーシア。バングラデシュの販売台数は1年前から40%増加し、マレーシアは2015年にあった低迷から回復し、31%の伸びを記録した。また、インド市場も回復状態が続いており、この4〜6月期は14%の伸びを示した。

中国は依然、世界最大のスマホ市場

 一方で、世界最大のスマートフォン市場は依然、中国となっている。その4〜6月期の販売台数は、1億1010万台で、この台数は、北米(4740万台)、西欧(2870万台)、中南米(2700万台)の合計を若干上回っている。