タブレット端末を使う男性(2012年11月15日撮影、資料写真)。(c)AFP/JEAN-SEBASTIEN EVRARD〔AFPBB News〕

 先ごろ、米国の市場調査会社IDCは、今年の世界スマートフォン市場は、年後半に回復が見られるとする予測を公表したが、同社によると、タブレット端末の市場も同様に、年後半に出荷台数の増加が見込まれるという。

(参考・関連記事)「後半に期待集まる17年の世界のスマホ市場」

4〜6月期の世界出荷台数は3.4%減

 IDCが8月3日に公表した、2017年4〜6月期のタブレット端末市場リポートによると、同四半期の世界出荷台数は、3790万台で、1年前から3.4%減少した。

 IDCはタブレット市場を「スレート型」と呼ぶ従来型端末と、着脱式キーボードが用意されている「デタッチャブル型」の2つのカテゴリーに分けて分析している。

 このうち、前者のスレート型は、世界的に減少が続いており、同社はこれまで、これがタブレット市場全体の規模縮小の要因になっていると指摘。一方、デタッチャブル型は、ノートパソコンの代替製品としての需要があり、タブレット市場回復の成否は、このデタッチャブル型の成功にかかっているとしていた。

アップルとMSの新製品が反映されるのは年後半

 そして、この4〜6月期は、米アップルが、デタッチャブル型である「iPad Pro」の新モデルを、米マイクロソフトも同じくデタッチャブル型である「Surface Pro」の新モデルを発売した。

 IDCによると、アップルとマイクロソフトが新製品を発売すると、その後の市場は活気付く傾向にある。つまり、この4〜6月期は、その効果が現れると見られていたのだが、結果はそのとおりにならなかった。IDCによると、その理由は、いずれもその製品投入時期が6月だったため。つまり、この4〜6月期の統計には、それぞれの出荷台数の一部しか反映されなかった、というわけである。