米アマゾン・ドットコムは、昨年、米高級スーパーマーケットチェーン「ホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market)」を買収したが、その後、着実にこの事業の拡大を図っている。

5%引きを初めて実店舗で提供

 そうした中、同社は2月20日、アマゾンのPrime会員で、提携Visaカードを持っている顧客は、ホールフーズで買い物する際に、5%の割引が受けられると発表した。

 これは「Prime Rewards Visa Card」というクレジットカード。これまでは特典として、アマゾンのサイトでの買い物の際に、5%引きがあったり、提携する商店などで1〜2%引きがあったりした。しかし、同社サイト以外での買い物で、5%引きを提供するのは、これが初めてだ。

 また、アマゾンは、「Amazon Rewards Visa Card」と呼ぶ、非Prime会員向けクレジットカードも用意している。

 このカードは、アマゾンでの買い物の際には3%の割引が、提携する商店では1〜2%の割引が受けられるというもの。アマゾンは今回、こちらのカードもホールフーズで使えるようにした。これを使えば、店舗で3%の割引が受けられる。

買収直後から大規模な販促

 アマゾンが、ホールフーズの買収手続きを完了したのは、昨年の8月末。それ以降同社は、さまざまな施策で、顧客の囲い込みを図っている。