米カリフォルニア州にあるグーグルの本社に掲げられたロゴ(2016年11月4日撮影)。(c)AFP/JOSH EDELSON〔AFPBB News〕

 米国の市場調査会社CIRP(コンシューマー・インテリジェンス・リサーチ・パートナーズ)がこのほどまとめた、スマートフォンOS(基本ソフト)への忠誠度に関する調査(PDF書類)によると、同国では、米アップルの「iOS」よりも、米グーグルの「Android」を利用するユーザーの方が、同じOSを使い続ける人が多いのだという。

忠誠度はAndroidがiOSを上回るが・・・

 昨年(2017年)12月に行ったアンケートでは、過去1年間にスマートフォンを買い替えた人のうち、自身の前のモデルと同じOSを選んだという人は、Android利用者で91%、iOS利用者で86%いた。

 CIRPはこの調査を継続して行っている。これまでの調査結果を見ると、2016年1月から2017年12月までの期間における忠誠度比率は、Androidが89〜91%の範囲、iOSが85〜88%の範囲で推移している。

 米オールシングスDの過去の記事を見ると、この比率は2012〜2013年時点ではiOSの方が高かった。しかし、2014年にAndroidが急上昇し、その後一貫してAndroidがiOSを上回っている。

 その理由の1つとしてCIRPは、Androidには利点があると指摘する。OSやアプリといった使用環境を変えることなく、さまざまなメーカーのさまざまな機種に乗り換えることが可能だからだという。