経団連が2021年卒の採用活動から就活ルールを廃止すると決定したことで、今後の企業の採用活動がどうなるのか、予想できない事態となった。

 時を同じくして、大学1、2年生を対象とするイベントやセミナー、ビジネスコンテストなどを「教育の一環」として企業が開催する動きを見せている。

 主催企業はこれらの活動を、採用とは関係ないものとしているが、本当の狙いは何なのか。第1回で紹介したプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(以下、P&Gジャパン)が国内で初めて開催した、大学1、2年生向けビジネスコンテストの決勝を取材した。

プロを驚かせた学生ならではのプラン

 「最優秀チームに選ばれたのは、Y-4チームです。おめでとうございます!」

 審査委員長のP&Gジャパン執行役員、松浦香織氏が発表すると会場に拍手が沸き起こった。

 Y-4チームは 早稲田大学、慶應大学、筑波大学の3大学の3、4年生が集まった混成チームだ。

 P&Gジャパンから課されたミッションは、P&Gの4製品において大学生の新規顧客を獲得するためのマーケティングプランを提案すること。

 その課題に対してY-4チームが提案したのは、親がEコマースを利用してP&G製品を購入し、大学に通う子どもに送る、「仕送り」促進キャンペーンのプランだ。

 タイトルは「P&G新生活応援キャンペーン〜仕送りで繋がる親子の絆〜」。

 「仕送りというアイデアはまさに学生さんにしか考えられない、オリジナリティあふれるものでした」と総評で松浦氏は賞賛する。

 購入者を学生本人ではなく、その親としたところが斬新で、他のチームにはない意外な発想だったところが評価されたという。

 優勝チームには、記念の盾と事業資金として300万円が贈呈された。4人は、これからP&Gジャパンのサポートを受けてさらにプランを練り、4〜5月にかけて実際に事業として手掛ける。