7月以降、レジ袋有料化が義務付け

 プラスチック製のレジ袋の有料化が始まる。これまでも自治体によっては事業者にレジ袋有料化への協力を求めるなどの取り組みがあったが、7月1日からは全国で有料での配布が義務になる。

 事業者によっては先行して有料化に乗り出している。日本チェーンドラッグストア協会では加盟社に前倒しでの有料化を呼びかけ、大手を中心に11社が4月1日から有料でのレジ袋提供を始めた。

 ディスカウントストアのドン・キホーテも6月1日からレジ袋の有料化に乗り出した。省令に抵触するとの理由から、一部店舗で実施していたレジ袋不要時のポイント付与サービスを5月末に終了。税込み1000円以上の会計時に端数を値引く「ジャストBOX」も6月末に終了する。

「少し残念だけど、仕方ないね」。常連だという女性客は、持参したマイバッグに商品を詰めながらそう話す。ドン・キホーテを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスは、レジ袋の有料化に対して「安価な商品の提供などを通じて、お客様に還元していきたい」としている。