(桃田 健史:自動車ジャーナリスト)

 2020年9月に入り、トヨタとホンダが相次いで認定中古車に関する新しい事業を始めた。

 まずトヨタだが、9月8日から中古車をオンラインで注文できる「トヨタ中古車オンラインストア」を開設。

 オンラインで見積りから契約まで完結でき、支払いは、銀行振込での一括払い・2回払い、または最長72回までの分割払いが利用できる。書類を取り寄せて必要事項を記入して返送するなどの手続きを経て、注文して2〜3週間後に、購入者の住居地に近いトヨタ販売店で納車されるという流れだ。関東・中部・関西のトヨタ販売店での取扱車からスタートし、年内に全国展開する予定だという。

 注目されるのは、実車確認が「不可」という点だ。正規販売店の“認定中古車”という品質保証のもと、実務費を削減して、より手頃な価格設定を実現した。

 トヨタの動きを追うかのように、ホンダは9月17日から全国のホンダ販売店(ホンダカーズ)で「お取り寄せ車両」サービスを開始した。