米アマゾン・ドット・コムはこのほど、米国の従業員で新型コロナウイルスの陽性が確認されたり、陽性が推定されたりした人が1万9816人になったと明らかにした。

 同社の物流施設や傘下の食品スーパー「ホールフーズ・マーケット」のデータを集計したもので、今年3月1日〜9月19日の累計だという。同期間における現場従業員数は流出人員も含めて計137万2000人。これを米国の感染者比率に当てはめると陽性者は3万3952人になるところ、実際は1万9816人にとどまり、42%少なかったとしている。

11月までに1日当たり5万件の検査

 アマゾンは、新型コロナウイルスの感染拡大が顕著になり始めた今年3月から、検査体制を強化してきたという。数十人の衛生検査技師を雇って研究チームを作ったほか、科学研究員やソフトウエア技術者、調達の専門職などで構成するチームも作り、安全対策に努めてきたとしている。

 アマゾンによると、同社は現在1日当たり数千件の検査を実施している。これを11月までに、650施設で1日当たり計5万件を実施できるようにするとしている。

従業員の抗議受け、感染症対策強化

 今年はじめ、感染症対策が不十分だとしてアマゾンの物流施設の一部従業員が抗議活動を始めた。3月にはニューヨーク・スタテン島にある施設で50人以上がストライキを実施。施設内で新型コロナウイルスの感染が確認されたことを受けたもので、職場環境の透明性の欠如や安全対策の不十分さ、リスクに対する賃金の低さを訴え、施設の一時閉鎖を要求した。