米電気自動車(EV)大手のテスラが7月26日に発表した2021年4〜6月期の決算は、売上高、純利益ともに四半期の過去最高を更新した。

米最大のEVメーカー、モデルYが3分の1占める

 売上高は前年同期比約2倍の119億5800万ドル(約1兆3200億円)。純利益は同約11倍の11億4200万ドル(約1260億円)で、四半期として初めて10億ドルを突破。8四半期連続の黒字を達成した。

 他の自動車メーカーへの温暖化ガス排出枠(クレジット)の売却収入が3億5400万ドル(同17%減)あり、依然同社の業績を下支えしているが、4〜6月期はこれを除いても黒字となる水準にまで業績が向上した。

 EV販売台数は同約2.2倍の20万1304台で、四半期ベースで初めて20万台の大台を突破した。小型セダン「モデル3」と小型SUV「モデルY」の合計が同2.4倍の19万9409台となった。

 同社は地域別や個々の車種別販売台数を公表していない、だが米メディアによると、21年1月に中国・上海工場で生産を開始したモデルYの販売が好調だったようだ。

 テスラは米国市場でも好調だと米ウォール・ストリート・ジャーナルは報じている。自動車関連サービス企業コックス・オートモーティブによると、21年1〜6月期に米国市場で最も売れたEVはテスラのモデルYで、米EV販売全体の約3分の1を占めた。

半導体が生産を左右、輸送費や原材料費高騰も

 テスラは現在、テキサス州オースティンに、カリフォルニア州フリーモントに次ぐ米国内で2つ目のギガファクトリー(大規模工場)を建設中だ。ドイツ・ベルリン郊外でも米国、中国の拠点に次ぐ4番目のギガファクトリーを建設しており、いずれも21年に操業が始まる見通し。今後の販売台数は「数年間、平均50%の伸びで推移し、21年は50%を上回る」とみている。