※本コンテンツは、2021年6月29日に開催されたJBpress主催「第4回 リテールDXフォーラム」の特別講演Ⅰ「成功=ヒト×DX」の内容を採録したものです。

コロナショック後はDXの時代になる

 デジタルシフトウェーブは2017年3月1日に創業しました。経営ビジョンは、デジタルシフトビジネスに新しい波を起こすこと。さまざまなお客さまのデジタル変革を支援しています。今回は、6月に出版した『成功=ヒト×DX デジタル初心者のためのDX企業変革の教科書』(プレジデント社) の内容から抜粋し、DXをどのように進めたらいいのかお伝えします。

 今、われわれの時代は「革命」の最中です。最初の革命は農業革命、次に産業革命。そして現在は、20世紀のインターネットの登場によって起きた情報革命の中にいます。人はインターネットでつながり、時間、場所を超えた価値創造が可能になりました。

 下の図では、戦後の日本のGDPを並べています。高度成長期、安定期〜バブル期、バブル崩壊期、(インター)ネット創成期、ネット普及機、ネット発展期と、経済の落ち込みをベースに期を区切っています。高度成長期のオイルショック、バブルがはじけて起きた金融ショック、ネット創成期のリーマンショック、そしてコロナショック。経済が落ち込んだ時に必ず経済の転換が起きています。


拡大画像表示

 経済の転換とともに成長業界も変遷しています。直近では金融ショックの頃にインターネットが登場しており、リーマンショック後には“スマホファースト”というキーワードのもと、 BtoC業界が伸びていきました。そして、今回のコロナショックです。次は何がくるかと今、全産業が動き始めているのがデジタル変革です。今後はDXに対応できる企業は伸び、今までと変わらずにいる企業は衰退していくことが予想できます。