米アマゾン・ドット・コムが米国で大規模小売店を複数出店する計画だと、米ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。衣料品や日用品、電子機器など様々な有名ブランドの商品を取り扱う店で、百貨店のような運営形態になると事情に詳しい関係者は話している。

 店舗面積は約2800平方メートル。一般的な百貨店の3分の1ほどになる見通しで、アマゾンが現在運営する他の実店舗よりも広い。ただし、計画は最終的なものでなく、変更される可能性もあるとしている。

 当初、米オハイオ州や米カリフォルニア州に開店し、アマゾンのプライベートブランド(PB)も販売する計画だという。同社は衣料品や家具、乾電池、電子機器などのPB商品を手がけている。

新業態店でアパレル販売拡大か

 同社は最近、衣料品分野で業績を伸ばしている。米銀大手のウェルズ・ファーゴによると、アマゾンは米国最大の衣料品小売業者。2020年の衣料品と靴を合わせた販売額は前年比15%増の410億ドル(約4兆5100億円)だった。21年は同約10%増の450億ドル(約4兆9500億円)超になるとウェルズ・ファーゴはみている(米マーケットウォッチの記事)。

 アマゾンは高級ブランドの販売にも力を入れている。20年には米国で高級ファッションデザイナーの商品に特化したアプリ内ストア「ラグジュアリー・ストア」を開設。第1弾としてオスカー・デ・ラ・レンタの既製服やハンドバッグ、宝飾品、香水などを販売した。その後、アマゾンと提携した高級ブランドは多くない。だが同社はこの分野への投資を拡大している。今回計画している新業態店舗もアマゾンのアパレル販売拡大につながる可能性があると、ウォール・ストリート・ジャーナルは報じている。