米アマゾン・ドット・コムが他社向け物流事業への投資を増やしている。これまで、自社の電子商取引(EC)で直販する商品の配送や、出品者の配送業務を代行する事業を通じて物流体制を拡充してきた。今後は、投資をさらに増やして規模を拡大する。アマゾンは物流大手の米UPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)や米フェデックスと直接競合する存在になると米CNBCが報じている。

物流網急拡大、世界の配送ドライバー40万人

 アマゾンで出品業者の販売実績調査を担当していた、米コンサルタント会社Eコマースクリスのクリス・マッケイブ氏によると、アマゾンは、あらゆる荷物をより迅速に、あらゆる場所に届ける、新しい形の米USPS(米郵政公社)を目指しているという。

 アマゾンがEC商品の迅速配達や物流コストの削減を狙い、自社物流事業の開発に着手したのは14年だった。それ以降、物流ネットワークを拡大。6年後の20年には、全世界で40万人の配送ドライバーを雇うまでになった。

 アマゾンの21年1〜3月期における設備投資額は1年前に比べ80%増加した。これにより物流能力は同50%増加。アマゾンは19年時点で自社EC荷物の46.6%を自社便で配送していた。今や同社の物流事業は自社貨物の72%を賄うようになった。

自社物流資源で他社荷物を配達

 CNBCによると、アマゾンはすでに様々な他社向け物流事業を手がけている。例えば英国では「ロジスティクス・アズ・ア・サービス」を展開している。米モルガン・スタンレーは、アマゾンがこのビジネスモデルを21年にも米国に導入すると予測している。

 21年8月には15億ドル(約1600億円)を投じて建設していた航空貨物施設が完成し、業務を開始したと発表した。現在アマゾンの貨物機「Amazon Air(アマゾン・エアー)」は約75機ある。これを22年8月ごろまで80機超にし、22年末までには85機超に増やす計画だ。アマゾンはすでにUSPS(米郵政公社)の一部の荷物を自社の航空貨物機で輸送しているとCNBCは報じている。