米アマゾン・ドット・コムは10月4日、年末商戦時と同規模のセールを米国で始めた(発表資料)。

ブラックフライデーより50日早く

 同日から、衣料品や家電、家庭用品、玩具など、自社電子商取引(EC)サイトのすべてのカテゴリーを対象に15〜40%の割引商品を公開。こうしたセールを毎日追加していく。

 「消費者は年末商戦が本格化するブラックフライデーを待つことなく、クリスマスギフトなどの年末の買い物ができる」(アマゾン)としている。

 昨年は新型コロナの影響で、3カ月遅れて会員向け大型セール「プライムデー」を10月13〜14日に実施。2日後の10月16日から「ホリデー・ダッシュ」と呼ぶセールイベントを開催し年末商戦を本格化させた。今年はさらに12日前倒してスタートした。今年のブラックフライデーは11月26日。アマゾンはその53日前に年末商戦に突入した格好だ。

他の小売大手も早期セール、狙いは需要分散

 米CNBCによると、アマゾンに限らず、多くの小売大手が年末セールを前倒しする。

 例えば米ディスカウントストア大手のターゲットは10月10〜12日に実店舗とオンラインでセールを始める。米衣料大手ギャップや米家具・日用品大手のポッタリーバーンなども早期の販促を展開すると、ロイターは報じている。