※本コンテンツは、2021年8月26日に開催されたJBpress主催「第7回 ワークスタイル改革フォーラム」の基調講演「物語経営が新しい働き方を創る」の内容を採録したものです。

 働き方をアップデートするためには、単にビジネスの仕組みや取り組み方を変えるだけではなく、経営そのものを再構築する「第二創業」ともいうべきエネルギーが必要となる。そう語るのは、スターバックス コーヒー ジャパンの立ち上げ総責任者を務めた梅本龍夫氏だ。30年前、「コーヒービジネス」から「ピープルビジネス」へと大転換を遂げたスターバックス コーヒーの変革の物語をひも解き、多様性のある未来志向の組織づくりに必要なパラダイムシフトについて考える。

内側から湧き上がるパーパス、物語の源

 今、経営の中で「パーパス」という言葉が広く使われ、経営陣にも大きく問われるようになっている。その始まりは2018年、世界最大級の資産運用会社ブラックロックが全世界のCEOに宛てて「何のために企業が存在し、何を果たしていくのか」を問うた“A Sense of Purpose”にあると、スターバックス コーヒー ジャパンの立ち上げ時に総責任者を務めた、有限会社アイグラム 代表の梅本龍夫氏は語る。

「“A Sense of・・・”が大事だと私は思います。頭で考える理屈、分析ではなく、感覚。内側から湧き出すように、経営のパーパスが生まれてくる。そこから企業として、組織として『何を本当にやりたいのか』を働く仲間、ステークホルダーと共有していく物語が出てくるのです」

 19世紀末に活動した印象派の画家ゴーギャンに『我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか』と題された絵画の大作がある。大きな物語を含むこの絵は、パーパスの本質を象徴していると梅本氏は言う。

「自分たちの創業の原点は何か(オリジン)、何のために存在するのか(ミッション)、どこに向かっていきたいのか(ビジョン)、これら3つが重なり1つの大きなパーパスが出てきます。パーパスは、『大きな物語』と言い換えられると私は思っています」

 スターバックスの創業から今日までを振り返り、そのパーパス(物語)をひも解いていく。