米アップルが完全自動運転に対応する電気自動車(EV)を早ければ2025年にも発売すると米ブルームバーグ通信が報じ、同社の株価が上昇した。21年11月18日の米国市場で前日終値に比べ3%高で取引を終えた。翌19日には前日比1.7%高の160.55ドルとなり、引き続き過去最高値を更新した。(米CNBCの記事)。

人の操作不要の完全自律走行車に注力

 ブルームバーグによると、アップルの自動車開発チームは過去数年、自動運転について2つのアプローチを探究してきた。1つは、ハンドル操作と速度操作に焦点を絞った限定的な自動運転車。もう1つは人間による操作を一切必要としない完全自律走行車。

 同社では、腕時計端末「Apple Watch」のソフトウエア担当幹部ケビン・リンチ氏が自動運転開発プロジェクトを統括することになったが、同氏指揮の下、技術者は後者のアプローチに集中して開発に取り組んでいるという。

 アップルは4年後に発売することを目標としている。一部の技術者がこれまで考えていた5〜7年後というスケジュールを前倒しした。ただ計画は流動的で、25年という目標を達成できない場合、発売時期を遅らす可能性がある。また、まず最初に機能を限定したモデルを市場投入する可能性もあるとブルームバーグは報じている。

 ブルームバーグによると、アップルが理想とする自動運転車は、ハンドルやアクセルなどのペダル類を備えないデザインで、搭乗者はリムジンのように向かい合って座るという。ただし、緊急時に搭乗者が運転操作を行えるようにする機能の導入も検討しているとする。

 事情に詳しい関係者によると、アップルは最近、自動運転システムの開発で重要な節目に達した。同社は、自動運転車の第1世代モデル向けプロセッサーの開発で主要な作業の多くを完了したと考えているという。このプロセッサーは、自動車開発チームではなく、スマホ「iPhone」やタブレット「iPad」、パソコン「Mac」などのプロセッサーを開発した技術者グループが設計したという。