(桃田 健史:自動車ジャーナリスト)

 トヨタ自動車が大規模なEVシフト構想を発表した「バッテリーEV戦略に関する説明会」(2021年12月14日)の3日後、トヨタ自動車東京本社(東京都文京区)を基点とした新型「レクサスNX」報道陣向け試乗会に参加した。

「NX」は2014年に初代モデルが登場したレクサスブランドのクロスオーバータイプの1台で、レクサスのラインアップでは「UX」と「RX」の中間に位置するモデルだ。2021年10月に日本国内での発売は始まっているが、半導体など各種部品の納入遅れなどが影響し、10月時点で注文から納車まで約半年かかる状況にある。

 実車を見て“車格が一気に上がった”という感想を持った。

 まず、ボディサイズが先代モデルより大型化した。全長は20mm増の4660mm、全幅も20mm増の1865mm、全高は15mm増の1660mm、そしてホイールベースが30mm増の2690mmとなった。左右タイヤの中心線を基準とした幅であるトレッドは、前輪で35mm増の1605mm、また後輪で55mm増の1625mmとなったことで、ドッシリと落ち着いた雰囲気がある。さらに、ホイールサイズが18インチから20インチへ。それによりタイヤ径が720mmから740mmとなったことも、ドッシリ感を生んでいる大きな要因だ。「次世代レクサスデザイン」と称する立体構成とボディ面の表現によって、艶やかさと大胆さを上手く演出している。