米アマゾン・ドット・コムの会員向け大型セール「プライムデー」では通常、ルンバ(ロボット掃除機)やインスタントポット(マルチ電気圧力鍋)などの家電製品が売れ筋商品となる。

40年半ぶり高インフレ、売れ筋に変化

 だが、今年(2022年)は、食器用洗剤や紙おむつ、スナック菓子などの生活必需品や食料品の販売が好調となり、いつものプライムデーとは異なる消費行動が見られた。米CNBCや米ウォール・ストリート・ジャーナルなどが7月15日までに報じた。

 アマゾンは22年7月12〜13日にプライムデーを開催した。今年のイベントで人気があった商品を見ると、記録的な高インフレが消費行動に変化を及ぼしたことが分かるという。

 米労働省が22年7月13日に発表した同年6月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比9.1%上昇し、40年半ぶりの記録的な水準となった。物価高騰が続く中、消費者は高額商品の購入を控えたり、割安の食料品や日用品をまとめ買いしたりしているという。

2日間のオンライン販売1.6兆円、過去最高を更新

 プライムデーの開催に先立ち、米JPモルガン・チェースのアナリストは、22年の同セールの販売額が56億ドル(約7700億円)となり、前年比5%の伸びにとどまると予測した。JPモルガンによると、21年におけるプライムデー販売額の前年比伸び率は9%、20年は50%だった。