シンガポールに本部を置く調査会社カナリスがこのほど公表した最新リポートによると、2022年4〜6月の世界スマートフォン出荷台数は前年同期比9%減少した。

iPhoneの世界シェア3ポイント増の17%

 地政学的不確実性や経済状況の悪化などで、メーカー各社はサプライチェーン(供給網)と物流の停滞や、需要低迷といった問題に直面している。だが、米アップルのスマホ「iPhone」は引き続き好調だという。

 22年4〜6月のアップルの市場シェアは17%で、1年前の14%から3ポイント上昇した。カナリスによると昨秋に発売した「iPhone 13」への需要が依然強く、アップルは世界市場で2位を維持した。

 同四半期の出荷台数が最も多かったのは韓国サムスン電子で、そのシェアは1年前から3ポイント上昇し21%となった。だが、サムスンの強みは主にiPhone 13よりも安価な中低価格帯「Aシリーズ」が好調だったことによるものだ、とカナリスは指摘する。

 アップルは先の決算発表で、自社製品に対する需要は依然高く、むしろ問題は供給制約だと述べていた。同社のルカ・マエストリCFO(最高財務責任者)はこの時、「半導体などの供給制約によって22年4〜6月期に最大80億ドル(約1兆1100億円)の売り上げ機会を逃す可能性がある」と説明した。

 米労働省が7月13日に発表した同年6月の消費者物価指数(CPI)は前年同月と比べて9.1%上昇した。5月の8.6%から拡大し、1981年11月(9.6%)以来、およそ40年半ぶりの高い伸びとなった。こうした中、高価格端末であるiPhoneの販売が落ち込む可能性があると指摘されている。