米アマゾン・ドット・コムは7月21日、米国でサブスクリプション(定額課金)型の診療サービスを手がける米ワン・メディカルを総額約39億ドル(約5300億円)で買収すると明らかにした。この買収により、近年参入した医療・医薬分野の事業を拡大する狙いだ。

成長が期待される初期診療サービス市場

 ワン・メディカルは、初期診療(プライマリーケア)を対面やオンラインで受けられるサービスを提供している。本社はサンフランシスコ。同社の決算資料によると、2022年3月末時点で、全米25市場で計188の診療所ネットワークを運営しており、76万7000人の会員、8500社の法人顧客を持つ。「One Medical Now」と呼ぶオンライン診療サービスを年額199ドル(約2万7000円)で提供している。

 13年末までワン・メディカルで医務部長を務めていたジェフ・レビン・シェルツ氏によると、米国ではかかりつけ医を持たない人が多くおり、初期診療サービスの市場は成長が期待されている。初期診療には満たされていないニーズがたくさんあるという。

 アマゾンのヘルスケア部門で上級副社長を務めるニール・リンジ−氏は声明で「医療サービスには再発明が必要だ」と述べている。「我々は診療予約を取り、その後数週間や数カ月待たなくてはならない。当日は仕事を休み、診療所まで運転し、駐車場を探す。そして、時にはわずか数分間の診察のために待合室で長時間過ごす。その後は薬局にも足を運ばなくてはならない。今後はヘルスケア体験の質を改善し、人々が貴重な時間を取り戻せるようにする必要がある」(同氏)

オンライン薬局や企業向け医療サービス

 アマゾンは18年に約8億ドル(約1100億円)で米国のオンライン薬局企業ピルパック(PillPack)を買収した。この企業は患者が医師からもらった処方箋をネットで受け付け、複数の薬を服用時間帯ごとに分けて一包化し、米全土に宅配していた。20年11月には、この事業を基に処方薬を扱うオンライン薬局「アマゾン・ファーマシー(Amazon Pharmacy)」を立ち上げた。

 また、19年9月には「アマゾン・ケア(Amazon Care)」と呼ぶ医療サービス部門を立ち上げ、20年2月にサービスを開始した。当初は社員とその家族向けで、対象地域も米ワシントン州などの一部に限定していたが、その後規模を全米に広げ、他の企業にも提供を始めた。22年2月には米国で対面診療サービスの対象地域を20都市以上増やすと明らかにした。オンライン診療サービスは全米で展開している。

 アマゾン・ケアの顧客企業は現在、米半導体メーカーのシリコン・ラボラトリーズや、米人材派遣会社のトゥルーブルー 、そしてアマゾン傘下のスーパーマーケットチェーン「ホールフーズ・マーケット」など。米ウォール・ストリート・ジャーナルは今回のワン・メディカルの買収により、アマゾンは近く、米グーグルなどを顧客に迎えられそうだと報じている。

ヘルスケア分野で激しい競争に直面

 だが、ウォール・ストリート・ジャーナルは、アマゾンは今後ヘルスケア分野で激しい競争に直面するだろうとも報じている。この業界はアマゾンが最近成長を遂げているエンターテインメントや広告、食品などのビジネスよりも複雑かつ分散している。アマゾンが成功するためには、成長の鍵となる医師の獲得競争や、規制への対応で長年経験を持つライバルを打ち負かす必要があるという。

 アマゾンは今後、初期診療医の獲得を狙う米医療保険・管理医療サービス大手ユナイテッドヘルス・グループ傘下のオプタム(Optum)や、米ドラッグストアチェーン大手CVSヘルス、そして医師の雇用を拡大している病院などと競わなければならないと、ウォール・ストリート・ジャーナルは報じている。

 (参考・関連記事)「アマゾン、医療サービス本格展開 対面診療拡大へ | JDIR」

(小久保 重信)